雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

徹底的な反論を加えておく

投稿日:

問題解決型のパターンの場合、予想される反論に対する反論をしておかなくてはなりません。ただ、問題解決型のパターンでは、反論を受ける場所が、「報告、告知」「説得、提案」パターンよりも増えます。よって、反論の予想は、綿密に立てておく必要があります。

問題がないとなると、その後のプラン、提案は必要がなくなってしまいます。したがって、「問題がない」とする反論には、徹底的に反論を加えておかなくてはなりません。問題、つまりデメリットは、別の角度から見るとプラスである、だから変えることない、という手ごわい反論もあります。放置しておくと議論をひっくり返されてします。

少子化の問題でいえば、「将来の日本社会が崩壊するかもしれないという深刻な問題があります」に対して、「深刻な問題にはならない。人口が減少しても、その人口の中で経済活動は行なわれる。なので、経済的に行き詰まることにはならない」というように、問題そのものの存在を否定されるわけです。

主な反論を受ける個所と反論のパターン

主な反論を受ける個所と反論のパターンをあげておきます。「これは損害じゃなく逆に利益でしょ」問題の説明に直接反論される場合があります。「反論=現状の「問題、弊害」を述べたところについて、問題がある。反論への反論=問題はない。反論が対象としている問題は、ささいなこと、あるいはまったく問題とならないことだ。

「反論=問題としているものは、デメリットではない。実は、逆にメリットなのである。だから、プランを導入してはいけない。一部がメリットになったとしても、ごく一部にすぎない。問題の大部分はデメリットのままである。たとえば少子化問題なら、こう反論してくるでしょう。「少子化で日本経済は行き詰まるといいますが、それは違います。人口が減る分、ゆとりが生まれるのです。住宅は広いものを買えるようになります。こういったことはよくあるパターンなので、よく覚えておきましょう。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

親のしつけがいつも厳しいと学力が下がる!?

東京の山の手の住宅街のサラリーマンの家庭では、小学校の子供が学校以外に何を習っているかといえば、進学塾を別にして、ピアノなどの音楽が第一位ですが、下町の商店街は算盤が第一位です。幼稚園の時から進学を心 …

no image

話を弾ませる-正しい路線に乗せるには

話をはずませる正しい路線に乗せるには、まず、相手にとって興味のある話から始めることです。あなたの恋人の話、子どもの話、ご主人の話など、他人のことには、多くの人が冷淡なのです。一人で頑張っている人には、 …

no image

はい、いいえが明確に答えられるか

「はい」と「いいえ」を言うのは、「わたくし」と同じように一見簡単なようで難しいものです。自分の可能性に対する洞察力、意見を率直に述べる勇気、充分な研究、確信などの高度の人間としての裏づけがないと、いつ …

no image

男女は理解しあえないという決めつけはよくない

彼らの意見はいつも、私には哀しく聞こえます。理解しようともしないで絶望視するなんて怠慢です。私よりかなり年上で、ちょっと気取った見方をする人でした。「男と女が理解しあえるなんてことはありえないよ。だか …

no image

日常会話の表現とモナリザとのつながり

日常会話での表現とモナリザとのつながりは次にある。それは、肩からゆるやかなカーブを描いて、画面の向かって左下隅の方向に流れていく左手の線が、突然重ねられた右手によって中断されていることなのです。重ねた …