雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時消去されず賞賛される

投稿日:

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時は、テロリストの残虐行為が完全に消去されずに、むしろ賞賛されることがある。それがよくわかる例は、エルサルヴァドルにかわって米軍事援助及び訓練の最大受入国になった、即ちトルコだ。国家テロという言葉は、トルコの人権担当大臣が一九九四年のクルド人に対する残虐行為について使い、社会学者のイズマイル・べシキも用いている。トルコはクリントン時代を通してアメリカの支援に頼りながら国家テロを大々的に実行した。

米国政府のテロと戦う努力に関する国務省の二〇〇〇年報告は、トルコがテロとの戦いを積極的に経験したと指摘し、立派な同僚であるアルジェリアとスペインと共に明記した。他の場合と同様に、受け入れ難い事実は消去されたが、全く気づかれずに終わったわけではない。べシキは、トルコによるクルド人弾圧を記録した罪で一五年間服役し、その後近東における国家テロを出版したため再び投獄された。この賞賛はニューヨーク・タイムズ紙のテロ問題専門記者により第一面に論評なしで報道された。

テロの脅威を減らす簡単な方法を示唆している

国際問題を扱うある主要雑誌では、ロバート・ピアソン大使が、世界中のテロ撲滅のための努力において、アメリカにとってトルコは望みうる最高の盟友だと報告し、南東部のクルド人居住地域における反テロ作戦で見せたトルコ軍の能力を評価している。ここで述べた例は、テロの脅威を減らす簡単な方法を示唆している。それは、非常に簡単なことだ。テロへの関与をやめればいいのだ。

テロへの関与をやめればいい。この原則を受け入れられない人は、何が正しくて何が間違っているかという問題や正義の戦争について語るのを慎まなければならない。ただ、簡単な用で、これは間違いなくきわめて深刻な問題だ。しかし、何がテロかを決めるフィルターを通過するテロ、つまり他者が私たちと私たちの顧客国に対して行うテロには通用しないという。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

大統領はデタントという言葉を決して使わなくなった

1975年にポルトガルが植民地であったアンゴラとモザンビークを放棄すると、ソ連はキューバ兵を送り込んで、共産主義志向の政権の維持を援助した。1976年の大統領選挙までに、フォード(GeraldFord …

no image

ファシズムはイタリア人の間で民主主義の脅威を押し潰した

陽光が降り注ぐ原始的な国では、人々の要求は先進社会よりも通かに少ないから、一九五九年に、キューバに樹立されたばかりのカストロ政権をアイゼンハワー政権が転覆させようとした時、CIAのアレン・ダレス長官は …

no image

核戦争の回避

政治的影響は、超大国間に慎重さに基づいた事実上の連携ができあがったこと。両超大国は、激しいイデオロギーの相違があったにもかかわらず、1つの共通する重要な利益を見出した。つまり、核戦争の回避である。 核 …

no image

国連が事実上アメリカの権力遂行の手段になることを保証していた

発足当時の世界情勢は、国連が事実上、アメリカの権力遂行の手段になることを保証していた。国連は大いに賞賛されたが、その後の年月にこの国際機関に対する支配者層の嫌悪感が著しく募っていった。フクヤマの予測は …

no image

正義のための戦争の典型

絶対的な平和主義者と、多くの人に憎まれているかは滞りなく虐殺されるべきだと考えるよう次々を除けば、アフガニスタンへの爆撃は間違いなく正義の戦争だとほとんどの人が認める。高名な政治哲学者のジーン・べスキ …