雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

テロの文化のせいで大多数の人々が希望を失い権力者の要求に従う

投稿日:

祖国グアテマラにしばらく里帰りしたジャーナリストのフリオ・ゴドイはアメリカに戻ってからこう書いた。ホワイトハウスにはアステカの神を崇拝している人がいると信じたくなる。だから、中米人の血を奉献するのだ、と。ゴドイはその一年前、勤めていた新聞社ラ・エポカが国家テロによって爆破されたため、アメリカに亡命した。一九八〇年代半ば、アメリカに支援された国家テロ活動は、教会を拠点としたエルサルヴァドルの主要な人権擁護団体の言葉を借りれば、恐怖とパニックに陥り、集団的な威臓と恐怖の憂延する社会を作り出した。

人権擁護団体や教会やラテンアメリカ学者などが、殺人や拷問や破壊の証拠を詳細に報造したが、最も責任を負うべき国の国民にはほとんど知らされないまま、うやむやにされた。この事件は、米国内では全く注目されなかった。人々の関心は公式の敵による悪事へと巧妙にそらされていた。ホワイトハウスは中米に軍隊を投入して支援したが、ゴドイによれ、それはニョライ・チャウショスクの秘密警察と、世界残虐大賞を争っても引けを取らないものだった。

テロだけに焦点を当てても充分ではない

テロの文化のせいで大多数の人々が希望を失い、権力者の要求に従うのとは別の道を検討できなくなっていることについても、考えなければならない。彼らは、一九八〇年代のおぞましい一〇年間に見てきた他に、個人的にも充分すぎるほどの経験をしていた。この会議の結論は、テロだけに焦点を当てても充分ではないというものだった。確かにそうした悪事はあったが、この地域におけるアメリカの支援を受けた国家テロの規模と比べれば、ほとんどかすんでしまう程度の事件にすぎなかった。

テロの指揮者らが目的を遂げた後、サンサルヴァドルでイエズス会士と一般信者による会議が開かれ、その結果が再検証された。それは中米に限ったことではない。民衆の希望を砕くのは、非常に重要なプロジェクトだ。それさえ達成できれば、民主主義を正式に導入しても構わない。広報という目的だけを考えれば、その方が好ましいくらいだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ミサイル危機は人類史上、最も危険な瞬間だった

我々は今、とりわけ深刻かつ危険な時代に突入しつつあり、大量破壊兵器を入手できるかもしれない非情な敵、イラクを攻撃すべく準備を進めている。こうした危険多くの人々が指摘したように、安易に武力を行使した結果 …

no image

既存の社会経済的な特権構造への脅威と見なされるもの破壊する目的

一九六〇年代初めの戦略の一つは、ネオナチズムに依拠する国家保安体制を敷く国を誕生させることで、そうした国は数の上での多数派が政治に参加するのを防ぐことにより、既存の社会経済的な特権構造への脅威と見なさ …

no image

マーシャル・プランの提案では

チェコスロヴァキアがアメリカの援助を望むと示唆すると、スターリンは東欧での統制を強め、1948年2月にはチェコスロヴァキアで共産党が完全に全権を掌握した。こうしたできごとに、トルーマンは1930年代の …

no image

鉄拳作戦などの大国のテロへの関与

アメリカは、多くのテロ行為に直接関与したとある専門家は言う。そのうち次の三つは、この地域のテロがトップニュースになった一九八五年の、最も残虐なものの候補に挙げられる。 ・ペレスの鉄拳作戦 この地域に詳 …

no image

ソ連の崩壊によって左翼のテロリズムは消滅したも同然となった

レーガンとブッシュがニカラグアなどの地域で実行した国際テロは存在しなかったことになり、最悪の場合でも不注意による偶発事とされるか、非人道的行為を終わらせるために尽力する理想的な新しい世界の指導者たちが …