雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

テレビカメラのレンズを見ていると動きがぎこちなくなってしまう

投稿日:

あるアナウンサーさんの話。「テレビを見ていると、どうも出演して話をしている人の態度がぎこちない。ことにひとりで話をする人の場合にそれがはっきりしている。その原因はどうも、テレビカメラのレンズの中心をにらみつけているために目が固定してしまうからではなかろうか」。

はじめのうちは方法すらわからなくて、何度もみじめな失敗をしたのですが、着実にデータを積み重ねた結果、何もレンズの中心を見なくても、中心付近を見ているだけで、テレビを見ている人には、正面を見ているような印象を与えることができるという、今までの常識を打ち破るような結論を引き出した。

彼の方法はまず、そのころテレビのスタジオで放送する時によく使った百三十五ミリのレンズがついたテレビカメラの前に、三メートルの距離をおいて、モデルさんに立ってもらいました。そして、レンズに水平、垂直、それに水平からななめ二十二・五度、四十五度、六十七・五度の方向に、それぞれ四十センチの太めの針金を直線に張りました。

次々に写真をとっていきます

あまり細かくっつけても、三メートルの距離があるので、五センチおきぐらいが適当だった。この針金には、レンズの中心からはかって、左右上下ななめに、それぞれ五センチずつの目盛りがついています。まずモデルさんにレンズの中心を見てもらい、次に水平に張った針金を、右のほうへ五センチ、十センチ、十五センチと、顔は中心を見た時のままにして目だけを移動させていきます。

右の方向が終わったら再び中心を見てもらい、同じ要領で左のほうへ、五センチの点、十センチの点を見てもらいます。テレビカメラはその動きをとらえて、受像機に送ってきます。それをす早く、普通あなたがお使いになっているようなカメラで、次々に写真をとっていきます。

一見非常に単純な原始的な実験のようですが、事実として裏づけるデータが発見されたのです。個人差のなかに、まったく誰にも共通した部分と習性があったようです。これは、人の目を見て話さなくても、目じりや鼻を見て話せば、目を見ているように見えるという原理の証明になるでしょう。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

親と喧嘩してうるさいと思ったら-本音で話し合っていますか?

ある人の話。他に効果的な表現方法を知らなかったし、伝える能力もなかった。十二、三歳の頃、父や母と喧嘩をすると、私は自分の部屋に駆け込んでドアをバアーンと閉めることで、怒りを表現していました。 芝居をや …

no image

都会の人ってやっぱり冷たいの?

都心周辺に住む人が、国内を北や南へ旅すると、よく感動して帰ってきます。景色の素晴らしさはもちろんですが、それ以上に人との出逢いにこころを打たれるようです。人間っていいなあ。どんな時にも話しあいが大切だ …

no image

人は何を求めて生きているのか?

「あなたはなにを求めて生きているのですか」と問われたら、どう答えるでしょうか。W・B・ウルフという人は、その著『どうしたら幸福になれるか」の中で、「人間がただひたすらに求め続けているものは、自らの幸福 …

no image

ネガティブな言葉をポジティブに変換しよう

女ざかり、というのは、〈女の一番美しい年ごろ。女が肉体的、精神的に最も充実している年ごろ〉と辞書は解説しています。これは女の美しさを外見からとらえた言い方で、古風なアングルだと思います。昔は、年齢で女 …

no image

車の盗難から得た教訓

かなり前に、こんなことがありました。うっかり、ドアに鍵を差したまま駐車して四時間。私の車は土曜日の六本木から姿を消してしまいました。そして翌日、日曜日の朝の川越で見つかったのです。ぶざまとしか言いよう …