雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

自分でテレビを塗ってみる

投稿日:

今じゃ黒とシルバー以外は存在しないし、薄型液晶なんて画面が肥大して、本体カラーは額縁以下だ。デザインの素敵な輸入家電を扱う店も増えたがテレビばかりは、海外のものを簡単に扱うのはちょっと難しいらしい。というか、かなり難しい。

子供のころ、テレビもカラフルで、白や赤などバリエーションがあって色で買ってもよかった。よくよく考えると、旧式テレビはボディーに対してブラウン管も小さく、色にも存在感があったのかもしれないな、と思える。

国産メーカーから気合の入った新鋭デザイナー起用のおしゃれ家電の登場だ。でも、やたらめったら高い、高すぎる。ちょっとくすんだカフェ色の家電は、素敵なんだけど。てなわけで、自分でテレビを塗ってみる。

ゴム管は古くなると

ゴム管は古くなると、弾力がなくなって亀裂が生じ、ガスもれの原因になります。ゴム管には製造年が示されているので、期限を守り、早めに取り替えましょう。都市ガス(ゴム管の色は青)は2年、プロパンガス(オレンジ色)は1年が目安です。ガスはたいへん便利なエネルギーですが、危険も伴いますので、使用者が勝手にいじることは禁じられています。ただし、元栓から先の部分、ゴム管などは使用者の責任となります。

ですが、ガスもれに気がついたら、絶対に換気扇には手を触れないことです。スパーク火花が引火して爆発の危険があります。モーターなどが古くなった換気扇は吸込みが悪いので、取り替えたほうがいいでしよう。

洗濯終了のブザーが台所まで聞こえた

洗濯終了のブザーが台所まで聞こえた。洗濯はマイコン制御のかしこい洗濯機がやってくれるが、ベランダに干すのはかなり面倒な作業だ。通りを散歩していると、他人の洗濯物の干し方がちょっとだけ気になる。これって私だけだろうか?悪趣味?

もちろん洗濯が得意でもないし、洗濯でストレス解消なんて考えたこともない。お天気さえよければ、少々ため込んだって、重なって吊したって乾くじゃない、と思ってしまうのだけれど、靴下の裏返っているのを直してパンパンしてしまう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

大きいものがジャマにならない収納ワザ

・大きいものがジャマにならない収納ワザ おもちゃ箱のなかにしまうにしても場所をとるし、それを取り出そうとして、ほかの小さいおもちゃを床にばらまいてしまうということもよくありがち。大きめのおもちゃは、買 …

no image

一定量のネクタイを上手に保管する方法

・一定量のネクタイを上手に保管する方法 幅や柄に流行はあり、いつも一定量を保つために古いものは処分するようにしないと、たまる一方。似たようなスタイルになるビジネスマンの、唯一のおしゃれポイントいえそう …

no image

観葉植物の葉っぱのツヤを出すには?

・観葉植物の葉っぱのツヤを出すには 室内に置いてある観葉植物の葉っぱが薄汚れていると、部屋の印象をよくするどころか、みすぼらしい感じすら与えることになるので、日頃から葉っぱのホコリを取り、きれいにして …

no image

何事にも無関心なタイプのかたは整理できない?

何事にも無関心なタイプのかたは整理できない?整理・整頓には無関心。だから、整理整頓ができない、というかほとんどやらないという方は、案外多くいます。元来、整理・整頓には無関心でも、のんびり、じっくりもの …

no image

排水管と壁とのわずかなスペースを利用して収納

・排水管と壁とのわずかなスペースを利用して収納 段ボールや木の板を、トイレットペーパーの直径より少し長いくらいの正方形に切って、中心に包装紙を巻いてあった長い紙筒をくっつける。これを配管脇のスペースに …