雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

天井やブラインドなどの掃除のコツ

投稿日:

・天井

天井の汚れは主にすすとホコリ。ほうきなどて落としますが、このときほうきの先に古いストッキングをかぶせたりナイロン製のはたきを使うと、静電気がホコリを吸い取ってくれ、ホコリがたちません。水ぶきは、かえって汚れが広がるので避けましょう。前準備として、下にある家具は新聞紙などて覆っておきます。

・ブラインド掃除のコツ

ブラインドの掃除は、指を切らないように注意します。ゴム手袋の上に軍手などをして行うといいでしょう。軍手には水で薄めた住居用洗剤をしみ込ませておきます。また、塩化ビニール製のものは羽が折れやすいのでていねいにふきます。羽をはさんでふくことのできる、ブラインド用ブラシを使うと簡単です。汚れがひどいときは、窓から外して浴室でスポンジとシャワーを使って洗いましよう。

・窓(ガラス・網戸・ブラインド)

窓ガラスは古新聞でふいてもきれいになります。すりガラスはタワシや古歯ブラシで汚れを取ります。カーテンは、片手でカーテンを押さえながら、掃除機を上から下へかけます。カーテンの表と裏にタオルを合わせ、両手でなでるようにふくのもよい方法です。半年~1年に一度は洗濯を。

ふすま・障子の間にすき間

周囲の枠の継ぎ目がゆるみ、建て付けが悪くなることもあります。これは、ゆるんでいる部分に当て木を当て、金ズチで打ち込んで直します。この作業のときは、だれかにゆるんだ部分の対角線の反対側の継ぎ目をしっかり押さえておいてもらいましょう。これでうまく直らないようなら、当て木か敷居すべりを付けて補修します。ふすまや障子自体、あるいは建物のゆがみが原因で、柱とふすま・障子の間にすき間ができ、開閉がうまくいかないことがあります。こんなときは、すき間ができている部分の反対側に、当て木を付けるか、敷居すべりを張ることで処置できます。

ふすまや障子の敷居のすべりが悪くなっているようなら、まず、敷居の溝と同じくらいの幅の木片に50番か100番のサンドペーパーを巻き、敷居をすべらせて、こびり付いた汚れなどを落とします。できれば、50番→100番の順番でサンドペーパーを使うとより効果的です。次に、ロウかワックスを塗るか、敷居すべりを張ればオッケーです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

ブランドもののスカーフの捨てる・捨てないの判断

・しまいこまずに役立てる方法 趣味が変わって、おそらくこの先使うことはないだろうとは思っても、こういうものを捨てるふんぎりをつけるのはなかなかしい。スカーフの捨てる・捨てないを判断するとき、迷うのが海 …

no image

へアケア用品は引き出し収納で清潔に

ドライヤーは毎日使うのであれば、髪の毛がつきやすく、コードもからみやすいので、そのつど整頓が必要です。使い終わったら、髪の毛を始末し、コードをたたみ直してから、引き出しへしまいます。使うたびにコンセン …

no image

部屋の角のデッドスペースを有効活用するテクニック

・角のデッドスペースを有効活用 マンションなどでは、部屋の中に鉄骨の出っばりが多い。そのために、角に中途半端なスペースが余ってしまう。家具を置くにも狭すぎるようなこんなスペースは、コーナーシェルフで有 …

no image

棚やフックの取りつけはDIYの最初の一歩

棚やフックの取りつけは、DIYの最初の一歩です。壁や場所によりいろいろな方法がありますので、目的に応じたやり方を選びましょう。棚やフックの取りつけ方法を覚えると、色々と応用できますので、覚えておきまし …

no image

障子紙の張り方や簡単に剥がせるコツ

最近では障子の核の間隔(小間寸法)が次第に大きくなる傾向がありますし、変形寸法のものもでてきました。そこで一枚の障子を一枚の紙ではってしまうという、一枚ばりの障子紙というのが市販されるようになりました …