雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

天井やブラインドなどの掃除のコツ

投稿日:

・天井

天井の汚れは主にすすとホコリ。ほうきなどて落としますが、このときほうきの先に古いストッキングをかぶせたりナイロン製のはたきを使うと、静電気がホコリを吸い取ってくれ、ホコリがたちません。水ぶきは、かえって汚れが広がるので避けましょう。前準備として、下にある家具は新聞紙などて覆っておきます。

・ブラインド掃除のコツ

ブラインドの掃除は、指を切らないように注意します。ゴム手袋の上に軍手などをして行うといいでしょう。軍手には水で薄めた住居用洗剤をしみ込ませておきます。また、塩化ビニール製のものは羽が折れやすいのでていねいにふきます。羽をはさんでふくことのできる、ブラインド用ブラシを使うと簡単です。汚れがひどいときは、窓から外して浴室でスポンジとシャワーを使って洗いましよう。

・窓(ガラス・網戸・ブラインド)

窓ガラスは古新聞でふいてもきれいになります。すりガラスはタワシや古歯ブラシで汚れを取ります。カーテンは、片手でカーテンを押さえながら、掃除機を上から下へかけます。カーテンの表と裏にタオルを合わせ、両手でなでるようにふくのもよい方法です。半年~1年に一度は洗濯を。

ふすま・障子の間にすき間

周囲の枠の継ぎ目がゆるみ、建て付けが悪くなることもあります。これは、ゆるんでいる部分に当て木を当て、金ズチで打ち込んで直します。この作業のときは、だれかにゆるんだ部分の対角線の反対側の継ぎ目をしっかり押さえておいてもらいましょう。これでうまく直らないようなら、当て木か敷居すべりを付けて補修します。ふすまや障子自体、あるいは建物のゆがみが原因で、柱とふすま・障子の間にすき間ができ、開閉がうまくいかないことがあります。こんなときは、すき間ができている部分の反対側に、当て木を付けるか、敷居すべりを張ることで処置できます。

ふすまや障子の敷居のすべりが悪くなっているようなら、まず、敷居の溝と同じくらいの幅の木片に50番か100番のサンドペーパーを巻き、敷居をすべらせて、こびり付いた汚れなどを落とします。できれば、50番→100番の順番でサンドペーパーを使うとより効果的です。次に、ロウかワックスを塗るか、敷居すべりを張ればオッケーです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

手紙などのスッキリ整理術

最近は、Eメールが普及したせいか、手紙をもらうことが少なくなりました。すべてを一度に始末するには、どうしても時間がかかります。でも、整理しなければ、「スッキリ」を実現することは不可能。ですからまずは、 …

no image

家具工房のアトリエを開いたある人

ある人は英国に留学して、本格的な「家具製作およびアンティーク家具の修復」に取り組んだという。そのころ日本で流行っていたのは、パインの家具だったようだ。女性誌では、白い部屋に大ぶりな無拓板のテーブルがお …

no image

下着の捨てどきはいつなのか?

効率のよい下着類の捨て方を紹介しよう。寝間着・下着類は、毎日身につけるもので洗う回数も多く、寿命は短い。しかし、それほどかさばらないだけに、もう捨てなければと思っている下着類がたまりがちという人も多い …

no image

リビングのテレビの配置の仕方

・リビングのテレビの置き方は 少しでもリビングを広く見せたいのなら、テレビの圧迫感だけはなくしたほうがいい。店頭で見てちょうどいいサイズだと思っていても、いざ、リビングに置いてみると、その大きさに圧倒 …

no image

木製玄関ドアの塗り替え方法

玄関の木製ドアを塗り替える場合、塗りかえの前に注意しなければならないのは、今までどんな手入れをしてきたかです。玄関の木製ドアは日に当たると、ニスなどが劣化してヒビ割れたり、はがれたりし、下のほうは雨が …