雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

鉄拳作戦などの大国のテロへの関与

投稿日:

アメリカは、多くのテロ行為に直接関与したとある専門家は言う。そのうち次の三つは、この地域のテロがトップニュースになった一九八五年の、最も残虐なものの候補に挙げられる。

・ペレスの鉄拳作戦

この地域に詳しい西洋の外交官によれば、計画的な残虐行為と怒意的な殺人がかつてないほど深刻化したが、メディアには充分に支持され、どれだけの犠牲者が出たかは慣例に縦に明らかにされなかった。レバノンの占領地で、イスラエルの最高司令部の言うテロリスト村の住人に対して行われた。

・シモン・ペレスによるチュニス爆撃

アメリカはこの爆撃を後押しし、シュルッ国務長官が賞賛したが、国連安保理は武力による侵略行為として満場一致で糾弾した(アメリカは棄権)。七五人のパレスチナ人とチュニジア人が死亡した。

・べイルートのモスクのすぐ外で起きた自動車爆弾による攻撃。

爆弾は礼拝者がモスクから出てくる時間に爆発するように設定され、CIAとイギリス情報部が関与していた。八〇人(大半が女性と子供)が死亡し、二五〇人が負傷した。

こうした残虐行為は全て、国家支援の国際テロの範疇に入るー侵略というもっと重大な戦争犯罪ではないとしても、と専門家は指摘している。ジャーナリズムやテロ問題専門家の間では、中東のテロが最高潮に達したのは一九八五年とされている。それは今述べたような事件があったからではなく、テロリス科による二件の残虐行為のためだ。それぞれ一人が殺され、どちらの犠牲者もアメリカ人だった。

他にも犯罪が行われている

他にも犯罪が行われているようだが、アメリカに支援されているため、犯罪ではないのだという。キプロスとレバノン北部との間を航行する船舶をイスラエル海軍が公海上で攻撃し、誘拐と殺人を繰り返している。捕えられた多くの人々がイスラエルへ連行され、罪の宣告もないまま人質として刑務所に入れられている。

テロリストによる二件の残虐行為は、何をテロと見なすかの選別フィルターを通過したわけだが、そのうちの一件は、アブ・アッパスの率いるパレスチナ人テロリスト・グループが、一九八五年一〇月に起こした客船アキレ・ラウロ号のシージャックだった。これはテロリストの残忍さを決定づけたようだとニューヨーク・タイムズ紙の記者ジョン・パーンズは書いた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

駐英イスラエル大使暗殺未遂事件に飛びついた

一九八二年のレバノン侵攻とその直接の結果として二万人ほどの死者が出た。我々に責任がある犯罪は調査する必要がないから、まして処罰や賠償の対象にはならないという理由からであるが、この話題は欧米社会ではほと …

no image

戦力差のありすぎる戦いでの記者の関心

一九九一年の湾岸戦争では、軍事的に著しく優位に立っていた米軍が、戦車やブルドーザーで地騎ししながらイラクに入り、イラク兵を砂漠の中の斬壊に生き埋めにした。前代未聞の戦術だと、パトリック・スローヤンは報 …

no image

開戦以前に大衆が戦争に反対する事態は前例のない出来事だった

プロパガンダの見地からすれば、史上最強の国家はその行動について正当化することも、真剣に議論することも必要ない。戦争計画にこれほどの批判が出た例は、歴史を調べても容易には見出せないだろう。これらの批判は …

no image

国民一人当たりの成長率がヨーロッパとほぼ等しく失業率もほぼ同レベル

新しいヨーロッパで、かってソビエト帝国に属していた国々がもて離されるのは、何もその指導部が大声でイエス・サーと敬礼するほど意欲的だからというわけではない。東欧諸国なら、ヨーロッパの多くの国が依然として …

no image

マルコスがもはや政権を維持できなくなるまで支持していた

お気に入りのよい共産主義者が抹殺されるとすぐ、米国政府は恐ろしい重荷がルーマニアから取り除かれたと宣言し、同時にサダム・フセインに対する融資の禁止を解除した。それはアメリカの輸出を増やす目的を達成し、 …