雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

適応、順応力の高い人の場合

投稿日:

適応のよい人の場合、みんなに好かれ、場合によると、それだけ人望も得られることになる場合もある。ある教授は学者としては一流の人物で、たくさんの著作も出版し、専門分野では人望もある。しかし、彼がそのような社会生活を何とか続けることができるのは、何人もの依存対象が側近として彼を支えている。

依存心理は、社会や、その相手が依存心理を許容し、助けてくれるなら役に立つが、環境やその相手によってはトラプルや混乱をつくり出すことになる。みんなに見捨てられることは一番の恐怖だ。そこでいろいろな努力をして、人から好かれたり、愛されたりするような手継手管がそれだけ発達する場合もある。

何人もの秘書たち、たくさんのお弟子さんはすべて彼にとってこのような依存の対象である。いつも自分のことについてアドバイスや保証を求める。たとえば論文一つ書く場合でも、その論文をだれかに読んでもらって、「この点は書き直したほうがいい」とか、「ここはこんなふうに仕上げたらいてくれる人が何人も必要だ。何とそれはお弟子さんたちなのだが、お弟子さんに頼って論文を書いている。

周りから圧力をかけられて

教授は、社会人として決断を下さなければならない場面とか、方針を決めるという段になると、いろんな人に意見を求めて、みんなの意見がまとまって、自分がその意見でやるように周りから圧力をかけられて初めて行動を起こす。

教授が新しい事務所を開設することになった。いろんな人に部屋の配置や内装にっいて助言を求め、建築家や設計士はもちろんのこと、次々にお弟子さんたちを呼んでは、「この配置はどうだ」、「この配色はどうだ」と意見を求める。

このような教授の依存性は人間関係でもいろいろなトラブルを引き起こすことがある。ときどき起こるトラブルは、人とのコミュニケーションの行き違いである。頼り教授はだれと会っても、まずその人に自分がよく思われて、お互いによい関係ができて、その人が頼り手になることが人間関係の最大の眼目になる。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

仕事人間が家庭や友情を犠牲にし崩壊させる

周囲に展開している四季の自然の移り変わりにも無頓着だったことに気がつきました。そして自分の道を、がむしゃらに押し進めるのが、本当の自己実現だろうかと、真剣に疑わざるをえなかった。今でもそれがいかに人々 …

no image

自分のことで心がいっぱい

彼女は「もう一度自分とやっていこう」とバトラーに語りかけるのだが、そのときにスカーレットには、レット・バトラーがどんなに自分とアシュレーのことで傷ついているのか、あるいは怒っているのかについての思いや …

no image

頭の回転の速い理論に興味津々

いちばん印象に残っているのは、スキャン後の面接で彼が口にした言葉だった、とある研究者。彼が装置から出てきたとき、どうだったかと声をかけると、彼は、「もの足りない気分だ」と答えた。 バーバラにとっては初 …

no image

ひと目惚れは人にとってけっしてめずらしいことではない

ひと目惚れは、元アメリカ大統領トーマス・ジェファーソンも経験している。歴史家のフォーン・ブロディーがこう書いている。ジェファーソンがあらかじめ聞いていたマリア・コズウェイ像は、的はずれなものだった。な …

no image

別離に関する驚くような世界的パターン

世界中の離婚した夫婦は、結婚してから四年目あたりで別れる傾向にある。こうしたパターンには意味がないように思えた。しかしほかの動物の交尾習性を読んだとき、驚くような類似点が浮かび上がってきた。 国連が発 …