雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

低山ハイク-全行程を自力で歩くことができるようなトレイルを選ぶ

投稿日:

ある家族の話。街であれ、アウトドアであれ、ハンディによって彼の人生が制約を受けるべきではないと、メーロンを愛する両親は信じている。娘が3歳のころは、5キロくらいなら問題もなく歩いていた。もちろん、何度もたっぶり休憩をとりながらである。私達も、いざとなればキャリアがあると思い、強制はしなかった。ところが、子どもはぐんぐん成長して、長時間背負うのが不可能になってくる。

その気にならないと動かない。子どもが全行程を自力でハイクできるようなトレイルを選ぶときが来たのである。短時間でも、そうそう背負ってはいられない。非常時のみ、ちょっとだけなら、トッドの肩車でもいいと思っている。トーマス・リッキー君は、実物大のアライグマを持っている。手を入れて操るぬいぐるみで、キャリアに同乗したり、トーマスの手にはめられて、すれ違う登山者にご挨拶したりする。

あまりにも上手に操るので

あまりにも上手に操るので、ユーモアたっぶりのその姿に、人だかりがすることもある。現在の目標は、キャリアを家に置いていき、トレイルをゆっくり時間をかけて歩くこと。デイパックならお気に入りのぬいぐるみも入る。ハイキング、と聞いて、うれしくなるような準備をしてあげよう。大人なら当然のように身についている山歩きの基本技術も、視点を子どもの高さに移して見直す必要がある。

ウエストパックにサングラスやバンダナ、おやつ、小さなおもちゃなんかを入れて、キメてあげる。この気持ちを大切にしてあげたい。こんなささやかなことでも、一歩大人に近づいた気がするのだ、彼らは。おもちゃひとつで、ちょっと退屈なとき、気が紛れるのもありがたい。数カ月前のハイキングで、初日よく歩いた娘は、明日は全部自分で歩きたいと言った。翌日のトレイルは長距離だから無理だろうとは思ったが、そんなふうに否定して意気をくじきたくはなかった。子どもががんばっていたら、うんとほめてあげよう。そうすれば、もっとがんばろうという気になるものだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

5歳くらいになればデイパックに荷物を入れて持たせよう

5歳くらいになれば、デイパックに荷物を入れて持たせよう。子ども本人も役割を担っているような気がするし、スタミナもつく。普段から一緒にハイキングしていれば、子どもの限界はおのずとわかる。こんな目安に頼る …

no image

山を読む、山を見る-ルート(コース)維持と現在地の把握

・山を見る、山を読む ルート(コース)維持と現在地の把握では、地図と周囲の風景を対比させることが必要になります。登山能力、技術に関係なく方向感は道の屈折状態に支配される結果が得られたとあります。一方で …

no image

子供の海外旅行経験で現実をしっかり受け止める心構えができる

赤ちゃんとハイキングに出ると、大変なことは多い。動きたい盛りの赤ちゃんには、キャリアのなかは窮屈かもしれない。お昼寝したくても、どうしても気難しくなってしまう。そして涙、涙。赤ちゃんのレスキュー役を1 …

no image

子供とのハイキングは彼らにとって大事な経験

ある主婦の話。クリスが3歳のとき、ロブは初めて彼を一泊のキャンプに連れていった。体にザックが合っていないと息子は不満を訴えたが、ロブはくじけなかった。この山行は2人にとってよいことだと信じていた。今で …

no image

赤ちゃんとの外出先でのおむつなどの対策

赤ちゃんとアウトドアに出かける際に困るのが、おむつだ。おむつカバーは、ふだん使う枚数に余裕を見込んで持っていこう。自宅、トレイルを問わず、市販のおしりふきを使わずに、専用の小さな布を利用する。排池のた …