雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

帝王切開の出産の状況をどうしても見たいと思ったある妊婦の話

投稿日:2015年4月11日 更新日:

Nさんの場合、1人目が4000グラムの男の子で帝王切開だったこともあり、2人目の手術は、もう2カ月も前から予定されていた。予定分晩とは、あらかじめ出産日を決め、陣痛促進剤を投与してその日に出産してしまうシステムだが、近頃は産婦人科も夜討ち朝駆けはなくなり、予定分焼を行う病院が多くなった。もっとも帝王切開なら陣痛促進剤も必要ない。

帝王切開は局部麻酔がふつうである。したがって、本人の強意志があれば、自分の出産状況を冷静に観察することもできくもない。たいていの産婦はそんなことはしょうと思わないだけだが。さて、手術の日、人一倍好奇心の強いNさん、1人目のときは無我夢中だったけれど、こんなチャンスはめったにない、コトの一部始終を記憶にとどめて、後でしっかり流行の出産手記にでもまとめてやろう、とヤル気満々で手術台へ。

そんなにロマンチックなもんじゃない

しかし、実際見ようとすると、やはり苦労は多い。Nさん、ヤキモキしながら、センセ、今なにやってるの?エーッ、ちよっと待ってよ?見たいよ?切ってるの?見なくていいよ。2人目の帝王切開は、前回の手術跡にそって皮膚をはがし、同じところをハサミで切ると聞いた。エーッ、じゃあもう生まれちゃうじゃない。Nさんアセる。どうしても見たい。しかし、両腕は点満の針や血圧計にがんじがらめにされ、動きがとれない。天井のライトに反射する光景に目を凝らして見たがダメだ。そうこうするうちに、チョキチョキとハサミの音がする。胸から下の部分はカーテンでさえぎられている。

Nさん、ふと思いつき、ホッペタを思いっきり膨らませてから、頭を上げ、胸の下にフーッと力いっばい息を吹きかけた。その風でカーテンがめくれた一瞬、お、今度も大きいゾォーオギャーッと力強い産声を響かせたわが子を、2人の医師が引っばり出そうとしているのが見えたが・・まるでエクソシストの世界。出産って、そんなにロマンチックなもんじゃない・・。ため息をつきながら、そんなことを考えたNさんであった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者との会話で患者が傷ついたり不快な気持ちになった言葉集

患者が不快な気分になった、医者の言葉や体験談を、色々と紹介しよう。 ・朝になったら、必ず、かかりつけの病院に行ってくださいね。とりあえず、痛み止めの薬をお出ししておきますから。 なんだ、救急病院っての …

no image

研究、教育、診療の3つをうまくやっていくことは不可能という意見

学会発表の内容は学会レベルではチェックするが、第三者機関でチェックするようなことはない。同じような学会で発表した内容でも、誰もとがめることはない。専門分野が同じであれば、同じような学会に同席している可 …

no image

光温浴器を用いた治療の効果

あまり知られていないかもしれませんが、光で治療ができる、光線治療器という治療器があります。 痛みを感じさせる物質と関係があるようですが、殺菌、温熱、そして細胞の活性化ができます。痛みが短時間で取れてし …

no image

教授は給料が安いからアルバイトをしているって本当?

選ばれた能力ある医者にしては、給料が少なすぎるといわれる教授。高給取りと信じられている教授だが、一般エリートに比べて給料は低いという。本来はエリートであり、開業すれば八倍くらいの収入を得ることができる …

no image

医学の進歩-新しい試みを行なった医者はアウトサイダーとなる

一番新しい医学の試みを行なった医者は、みな狂気やアウトサイダーと見なされた。事実、世界で初めて心臓手術を行なったドイツの外科医レーンは、当時のヨーロッパの外科学界を支配していたビルロートに激しい非難を …