雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

テロと抵抗運動との違いは何か

投稿日:

国際テロと侵略との違い、テロと抵抗運動との違いも明確にはしていない。こうした問題は興味深い形で提起される。公式の定義はあらゆる疑問に正確に答えてはいない。我々が慣習に背を向け、容認できない結果を招くという理由で捨て去られた公式定義を用いない限り。テロリズムのまともな定義は何一つ残らない。再び宣言された対テロ戦争や今日の時事問題に直接関係している。

テロと抵抗運動との違いは何か。ここで浮上する一つの問題は、国連憲章に由来する自決権と自由と独立を、そうした権利を強制的に剥奪された人々、とりわけ植民地主義や人種主義の政権及び外国の占領のもとにある人々が権利を実現するためにとる行動の正当性である。決議に反対したのはいつもと同じだった。悪決は一五三対三(棄権はホンジュラスのみ)だったので、尚更重要なのだ。決議は、公式に確認された国際テロが最高潮に達した一九八七年一二月に採択された。これはまぎれもなく運要な決議である。

テロという犯罪に対し

引用は、テロという犯罪に対し国連総会が採択した最も強力な非難決議からで、決議でそのように定義された権利はいかなる方法によっても掴なうことができないとも述べられている。アメリカとイスラエルは、アパルトへイト政権に対する抵抗運動を黙認できないらしい。二カ国が国連総会で述べた反対理由は、決議にある植民地主義や人種主義の政権という言葉が、彼らの同盟国であるアパルトへイトの南アフリカを指すと解釈した。

決議の中の外国の占領という言葉は、当時二〇年目に入っていたイスラエルの軍事占領を指すと解釈された。運動を指揮しているのが、当時、アメリカが悪名高いテロリスト集団の一つと決めつけていた、マンデラのアフリカ民族会議だったから、特に許せない。どちらの場合も、抵抗運動は許せないのだった。そのような行動が合法的な抵抗運動でありうることを認めず、テロリズムと断定するのは、アメリカとイスラエルだけだった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除

アメリカはアメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除しようと意図があった。最初の受益者はアメリカの投資家でなければならず、中南米諸国はそれに奉仕する役目を果たすべきだ。ラテンアメリカ人は、国内資源 …

no image

国際法の新たな規範を築くのに必要な三つの要因の全てが出揃っていた

二〇〇二年九月に、国際法の新たな規範を築くのに必要な三つの要因の全てが出揃っていた。双方の軍事力には歴然とした格差があったので圧勝は間違いなかった。事態がうまく運ばない可能性は常にあった。しかし、少な …

no image

国家の膨張がもたらした膨大な負債に軍部でさえ気づくようになった

1984年、ソ連のニコライ・オガルコフNikolaiOgarkov)参謀総長は、ソ連がより良好な民間経済基盤と、西側との貿易と技術へのさらなる接触を必要としていることに気づいていたが、景気が停滞する中 …

no image

アンゴラやモザンビークの共産政権は民主的権利を侵害しているのだから

1980年代に、一部のアメリカ人によってレーガン・ドクトリンなるものが宣言され、ニカラグアのサンディニスタ政権やアンゴラやモザンビークの共産政権は民主的権利を侵害しているのだからと、これらの政権に対し …

no image

帝国の支配体制を切り崩し独自の地域制度を太平洋地域に広げた

大英帝国を始めとする帝国の支配体制を切り崩し、その一方で独自の地域制度をラテンアメリカと太平洋地域に広げた。新しい世界秩序は米国経済のニーズに合わせたものとし、政治的にも可能な限りアメリカの支配下に置 …