雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

帝国の支配体制を切り崩し独自の地域制度を太平洋地域に広げた

投稿日:

大英帝国を始めとする帝国の支配体制を切り崩し、その一方で独自の地域制度をラテンアメリカと太平洋地域に広げた。新しい世界秩序は米国経済のニーズに合わせたものとし、政治的にも可能な限りアメリカの支配下に置くものとされた。それは、最高裁判事のエイブ・フォータスの説明によると、我々にとってよいことは、世界にとってもよいことという信条に基づいていた。

アメリカ人の考えでは、アメリカは世界が必要とし気に入るであろう何かに向かおうとしている。そして結局、気に入ろうが気に入るまいが、所論、世界はそれを授入れることになる。産業界の経済帝国主義に支配された米国政府が、我々を押しのけようとしていることに、高官たちは気づいたが、それについてはほとんど何もできなかった。利他主義を装った配慮は、イギリス外務省にとって有難くなかった。最優先課題は、政策を左右する企業の要求を満たす形で、産業界を再建することだ。

投資機会を提供すること

とりわけ、製造業の余剰を破し、他国のドル不足を克服し、投資機会を提供することだ。当時のアメリカの計画は洗練され徹底していた。一九七五年にビジネス・ウィーク誌は、多国籍企業とは戦後の政策立案者によって築かれた政治的枠組みの経済的表現なのだと説明し、その中で米国企業は、もともとマーシャル・プランのドルによって活性化され、海外からの注文で繁栄し拡大したと述べている。供給先は主としてイギリスだったが、国務省政策企画局長なったジョージ・ケナンによれば、南進する帝国のようなものと認められることになった、日本も含まれていた。中には立案者たちがあまり関心を寄せない地域もあり、特にアフリカに関してはそれが顕著だった。

レーガンの商務省によれば、マーシャル・プランのおかげで、民間による巨額の直接投資がヨーロッパになされるきっかけができ、多国籍企業の基礎が築かれたという。世界の国々は国務省の立案者から役割を割り振られた。東南アジアはそれによって、かつての帝国支配者に資源と原料を供給するようになった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ニカラグア政府の政策と行動が異例かつ甚大な脅威となった

ニカラグアの共産主義者は、革命をアメリカそのものに持ち込むと威臓している。リビアが関与した一九八六年の爆破事件について説明しながら、レーガンは凶暴な殺人者カダフィがニカラグアに武器と軍事顧問を送り、ア …

no image

ニカラグアが暴力的な過激派政党の避難所と化したこと

米国政府は一九八〇年代にニカラグアが暴力的な過激派政党の避難所と化したことが忘れられない。二〇〇二年一一月の選挙で、アメリカの攻撃に歯向かう真似をした政党、つまりFSLN(サンディニスタ民族解放戦線) …

no image

潜在的な敵がアメリカを凌ぐ軍備を強化することを思い止まらせる

二〇〇二年秋になると、世界各国の関心は史上最強の国家に向けられた。圧倒的な軍事力による感藤とその行使によって権力を維持する意悪を、その国が宣言した。一極世界を永久に維持し、いかなる国家にも国家連合にも …

no image

新思考外交と名づけられたゴルバチョフの外交政策

1991年12月には、ソ連は崩壊していた。「新思考外交」と名づけられたゴルバチョフの外交政策も、冷戦の終結に貢献した。この政策には2つの重要な側面があった。1つは、コンストラクテイヴィストが強調する革 …

no image

国家安全保障覚書一八一号をケネディ大統領は発令した

八月二四日、ケネディ大統領は国家安全保障覚書一八一号を発令した。これは内部反乱の工作指令で、アメリカの軍事介入に先行し、重要な軍事計画と葬戦行動及び部隊と装備の移動が含まれており、間違いなくキューバと …