雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

帝国の支配体制を切り崩し独自の地域制度を太平洋地域に広げた

投稿日:

大英帝国を始めとする帝国の支配体制を切り崩し、その一方で独自の地域制度をラテンアメリカと太平洋地域に広げた。新しい世界秩序は米国経済のニーズに合わせたものとし、政治的にも可能な限りアメリカの支配下に置くものとされた。それは、最高裁判事のエイブ・フォータスの説明によると、我々にとってよいことは、世界にとってもよいことという信条に基づいていた。

アメリカ人の考えでは、アメリカは世界が必要とし気に入るであろう何かに向かおうとしている。そして結局、気に入ろうが気に入るまいが、所論、世界はそれを授入れることになる。産業界の経済帝国主義に支配された米国政府が、我々を押しのけようとしていることに、高官たちは気づいたが、それについてはほとんど何もできなかった。利他主義を装った配慮は、イギリス外務省にとって有難くなかった。最優先課題は、政策を左右する企業の要求を満たす形で、産業界を再建することだ。

投資機会を提供すること

とりわけ、製造業の余剰を破し、他国のドル不足を克服し、投資機会を提供することだ。当時のアメリカの計画は洗練され徹底していた。一九七五年にビジネス・ウィーク誌は、多国籍企業とは戦後の政策立案者によって築かれた政治的枠組みの経済的表現なのだと説明し、その中で米国企業は、もともとマーシャル・プランのドルによって活性化され、海外からの注文で繁栄し拡大したと述べている。供給先は主としてイギリスだったが、国務省政策企画局長なったジョージ・ケナンによれば、南進する帝国のようなものと認められることになった、日本も含まれていた。中には立案者たちがあまり関心を寄せない地域もあり、特にアフリカに関してはそれが顕著だった。

レーガンの商務省によれば、マーシャル・プランのおかげで、民間による巨額の直接投資がヨーロッパになされるきっかけができ、多国籍企業の基礎が築かれたという。世界の国々は国務省の立案者から役割を割り振られた。東南アジアはそれによって、かつての帝国支配者に資源と原料を供給するようになった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

クリングホッファーの殺害はアラブのテロリズムという悪を象徴する事件

クリングホッファーの殺害は、アラブのテロリズムという根絶しがたい悪を象徴する強烈で忘れがたい事件で、テロリストという社会の害虫に対しては交渉の余地がないことを示す決定的な証拠でもある。イラク侵攻の成果 …

no image

ソフトターゲット-攻撃目標が防備の強固な部分から変化

その権利とは、社会事業家や労働組合員、体制を支持しない人々、共産主義の過激派と見なされる人々を弾圧することができ誰もが対象になりうる。ケネディ政権は大変な苦心をしてわが国の正規軍を対ゲリラ戦部隊に作り …

no image

ゴルバチョフの登場には歴史の偶然という面があった

「なぜ1989年なのか?」という疑問は依然未解決のまま。なぜこの指導者の下で起こったのか?ある程度、ゴルバチョフの登場には歴史の偶然という面があった。1980年代の初めに、ソ連では3人の高齢の指導者が …

no image

アメリカ合衆国は自国の安全確保のため武力を行使する主権を有する

三月六日の記者会見で、大統領は問題はただ一つだ、と述べた。イラク政府は決議一四四一の要求通り無条件かつ完全に武装解除したか否か?米国政府はわざわざ、公式発表の本質的な空虚さが世界中の人々に明らかになる …

no image

ジハードをアフガニスタンはどう考えているのか?

アメリカが敵と見なす人々に対して行うこのジハードと、イスラム・グループが敵と見なす人々に対して行うジハードとの間に、道徳的、政治的、法的な違いを私は見出せないアフガニスタン人はどう考えているのだろうか …