雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

定期的な運動効果-週に数回で効果はてきめん

投稿日:

定期的なエクササイズは高血圧防止の最善策。収縮・拡張する血管内に血液がスムーズに循環し、血圧も下がる。胎児を支える筋肉や健、靭帯も、胎児の成長や動きにあわせて伸びたり緩んだり柔らかくなったりと、大変な負担を強いられる。どこに住んでいようと、ウォーキング、つまり歩くことは誰にでもできる。毎日、もしくは週に数回で効果はてきめんだ。

このような変化や母体の重心移動にともなって、腰痛などが起こったりするが、体のコンディションを整えておくとさほど辛い思いをしなくてすむ。第3期にありがちな出産の不安やストレスもェクササイズが緩和してくれる。体調を整え丈夫になると、体に対してポジテイブな姿勢でいられるし、だいいち精神的にもよい。不格好でデブな気がする妊娠中。滅入りがちだけど、ウォーキングで気分も晴れる。不必要な備蓄カロリーも消費できるし、体重の増加を抑えて、産後の肥立ちもよいはずだ。

ウォーキングを規則正しくリズミカルに行うと

ウォーキングを規則正しくリズミカルに行うと、血液の循環が刺激されて脚の筋肉が緊縮し、静脈癖や持ができにくくなる。腸には、筋肉の規則的な収縮が原因のせん動と呼ばれる波のような動きがあり、歩行のリズムはこれを刺激して規則正しい便通を助ける。脇、脚、足の筋肉痛もかなり予防できる。また、体内に蓄積されたホルモン剤の副作用で起こる、つわり等の不快感が緩和される。

百千ものホルモンが体内を駆け巡り、そのせいで感情の起伏がジェットコースター並みに上下するこの時期でも、運動のおかげで気分が落ち着き、リラックスできる。活発にエクササイズすると分晩時間も短くてすむという研究結果もあるくらいだ。妊娠中は腸が圧迫され、動きも鈍くなるうえ、鉄分摂取量の増加で便秘がちになるが、これもウォーキングで予防可能だ。水分や血液がたまってむくんでしまいがちな足首や脚も楽にしてくれる。妊娠中のアウトドアは、どれもこれもが未知の世界だ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

里山とは?低山とは一体どう違うのだろうか?

亜高山帯の上方は高山帯である。高山帯は標高約二五〇〇m以上で、森林限界(亜高山帯上限)または高木限界から、恒雪帯下限の雪線までの地帯である。低温、低圧、強風、多雨で天候の変動が激しい。この高山帯には、 …

no image

ハイキングなどで持っていく子供のおやつに関する注意点

赤ちゃんにお薦めの食品は、全粒粉クラッカーの加糖していないシリアルレーズンなどのドライフルーツ・果物、自家製板ヨーグルト低脂肪チーズ。どんなときも、ティッシュ同様忘れてはならないのがおやつ。離乳食が食 …

no image

カタクリの花が開き始める頃

三月に入ると、桜前線の予測が盛んに行なわれる。山間のワサビ畑では花の摘み取りが最盛期を迎える。マンサクやロウバイが満開となり、ハクモクレンが早春を告げる。ミツバチが活発に飛び交うようになり、野の花が開 …

no image

バックパッキング-テントで過ごした娘との素敵なひととき

デイハイクやオートキャンプにしか慣れていない子には、初めてのバックパッキングを快適に過ごせるよう配慮してあげたい。子どもの成長に伴って体力もついてきたら、セーターや小型水筒、行動食、そのほか持ち歩くの …

no image

中央分水嶺・高島トレイルなどはとっておきのコース

・低山ウォーカーのためのとっておきのコース 二〇〇四年七月に指定された紀伊山地の霊場と参詣道、いわゆる熊野古道。最近、ユネスコの世界文化遺産として登録されたところ、あるいは登録を目指しているところは、 …