雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

低インシュリン食品は糖化予防に効果大

投稿日:

・糖化予防に効果のある低GI値食品

GI値とは、食物に含まれる糖質が体内に吸収されるスピードを比較した値を示したもの。糖化を防ぐには、血糖値を急上昇させないことが大切ですから、血糖値をゆるやかに上げるG1値の低い食品を積極的に摂りましょう。糖化予防に効果のあるGI値(グリセミック・インデックス)の低い食品をおすすめします。糖化による肌の老化を防ぎたい!と思った人も多いでしょう。とはいえ、炭水化物は主要なエネルギー源なので、全く食べないというわけにもいきません。

インスリン分泌の際、亜鉛が消費されるため、亜鉛欠乏が起こり、肌荒れ・ニキビの原因にもなります。また、すい臓に負担がかかると、糖尿病や高血圧などの原因にもなるので、健康のためにもGI値の低い食品を食べることは理にかなっています。血液中に運ばれた糖は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって、細胞内に取り込まれますが、急激に血糖値が上がると、インスリンが過剰に分泌され、すい臓に負担がかかってしまいます。

茶色い食品を選ぶ

精製された食品は色が白いことが特徴としてあげられるので、茶色い食品を選ぶようにしてGI値の低い食品を摂るようにしましょう。GI値の低い食品を選ぶポイントは、白米よりも玄米、白砂糖より黒砂糖、白いパンよりも茶色いパンといったように、なるべく精製されていない食材を選ぶことです。また、炭水化物単体での摂取は避け、量も控えめにして野菜やタンパク質と一緒に摂ることも心がけてください。

・四季の変化が楽しめる旬の食材を取り入れる

毎日食べている野菜や果物、魚介類などにも旬があります。夏に旬を迎える野菜は体の熱を逃がし、冬に旬を迎える野菜は逆に体を温め人間を寒さから守ってくれます。旬の魚介類はぶりぶりとして歯ごたえもよく、脂ものっています。旬の時期に収穫した野菜や果物は味も濃く、栄養価も高くなっています。旬の野菜の栄養価は外的環境に合わせて白然に変化し、その時期の人間に必要な栄養を蓄えているのです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

アトピー性皮膚炎やニキビなどを防ぐには?

ニキビや吹き出もの、アトピー性皮膚炎を防ぐためには、細菌の侵入に負けないくらい丈夫で、かつ適度に調節された免疫力をつけることが大切です。免疫力を高める働きのある成分として、近年、注目を浴びているものに …

no image

ビタミンCをたくさんとるとシミやソバカスが薄くなるのはなぜ?

・ビタミンCをたくさんとると、シミやソバカスが薄くなるのはなぜ? メラニン色素の原料は「チロシン」というアミノ酸です。チロシンが酵素「チロシナーゼ」の作用を受けて、メラニン色素へと変換されていくのです …

no image

肌のハリや弾力を取り戻す

肌に弾力を取り戻すためには、線維芽細胞が活発に働いてコラーゲンやエラスチンなどがしっかりとつくられなくてはなりません。その線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを生成するのに必要なのがビタミンCです。した …

no image

2つの紫外線が肌に与えるダメージ

・2つの紫外線が肌に与えるダメージ UVーB=シミをつくる波長が短く、真皮までは達しないものの刺激が強く、表皮の底のほうにあるメラニン細胞にキズをつけ、シミを増やす原因となる。 UVーA=シワをつくる …

no image

カルシウム以外に骨に関係するミネラルは?

・カルシウム以外に骨に関係するミネラルは? マグネシウムです。筋肉が活動するためには、マグネシウムがどうしても必要です。そのため、食事から摂取するマグネシウムが不足すると、不足分を補うために骨からマグ …