雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

低インシュリン食品は糖化予防に効果大

投稿日:

・糖化予防に効果のある低GI値食品

GI値とは、食物に含まれる糖質が体内に吸収されるスピードを比較した値を示したもの。糖化を防ぐには、血糖値を急上昇させないことが大切ですから、血糖値をゆるやかに上げるG1値の低い食品を積極的に摂りましょう。糖化予防に効果のあるGI値(グリセミック・インデックス)の低い食品をおすすめします。糖化による肌の老化を防ぎたい!と思った人も多いでしょう。とはいえ、炭水化物は主要なエネルギー源なので、全く食べないというわけにもいきません。

インスリン分泌の際、亜鉛が消費されるため、亜鉛欠乏が起こり、肌荒れ・ニキビの原因にもなります。また、すい臓に負担がかかると、糖尿病や高血圧などの原因にもなるので、健康のためにもGI値の低い食品を食べることは理にかなっています。血液中に運ばれた糖は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって、細胞内に取り込まれますが、急激に血糖値が上がると、インスリンが過剰に分泌され、すい臓に負担がかかってしまいます。

茶色い食品を選ぶ

精製された食品は色が白いことが特徴としてあげられるので、茶色い食品を選ぶようにしてGI値の低い食品を摂るようにしましょう。GI値の低い食品を選ぶポイントは、白米よりも玄米、白砂糖より黒砂糖、白いパンよりも茶色いパンといったように、なるべく精製されていない食材を選ぶことです。また、炭水化物単体での摂取は避け、量も控えめにして野菜やタンパク質と一緒に摂ることも心がけてください。

・四季の変化が楽しめる旬の食材を取り入れる

毎日食べている野菜や果物、魚介類などにも旬があります。夏に旬を迎える野菜は体の熱を逃がし、冬に旬を迎える野菜は逆に体を温め人間を寒さから守ってくれます。旬の魚介類はぶりぶりとして歯ごたえもよく、脂ものっています。旬の時期に収穫した野菜や果物は味も濃く、栄養価も高くなっています。旬の野菜の栄養価は外的環境に合わせて白然に変化し、その時期の人間に必要な栄養を蓄えているのです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

美肌になる生活習慣-大きな成果も最初は小さなことの積み重ね

大きな成果も最初は小さなことの積み重ねから。人生を豊かにするためによい生活習慣をどんどんと取り入れて毎日を過ごしていきましょう。ストレスや喫煙・続けていると体の酸化が進み、老化を早めてしまいます。不規 …

no image

食べる順番を変えるだけで糖化を防ぐことが可能に

・食べる順番を変えるだけで糖化を防ぐ 血液中の糖分を急上昇させない賢い食べ方をご存知ですか?それは、食事の際の順番を意識することです。脂質や塩分を多く摂ってしまいがちな外食の際にも、まず野菜から食べる …

no image

40代の肌トラブル-自分の肌の状態に合った正しいスキンケア

・40代の肌トラブル 自分の肌の状態に合った正しいスキンケアとアンチエイジングにつながる健康的な生活、前向きな考え方で毎日を送れば、美肌を手にすることは難しいことではありません。40代というお肌の曲が …

no image

日焼け止めは化粧下地におすすめ

・日焼け止めは化粧下地におすすめ SPF値の高い日焼け止めは肌への負担が大きいので、夜はクレンジングできっちり落とすことを徹底して、目元や小鼻の周りに残りやすいので落とし残しには気をつけましょう。皮膚 …

no image

メラニン色素-紫外線を長時間ダイレクトに浴びるのは危険

メラニン細胞は紫外線を長時間ダイレクトに浴びるなどして、あまりにも刺激を受けると、細胞の遺伝子にキズがつくことがあります。その結果、ときにン細胞が生まれることもあります(皮膚ガン)。でも、たいていは、 …