雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

手袋の脱ぎ方、扱い方をマスターする

投稿日:

・正しい手袋の扱い方をマスターする

手袋をしていないと、どうしてもポケットに手を入れたくなる。ポケットに手を入れると背中が丸くなる。背中が丸くなると格好が悪くなる。そんなわけで胸を張って、美しく歩くためにも手袋は必要です。実は手袋にもちゃんとした扱い方というものがあります。となると、正しい手袋の扱い方を知っておかなければなりません。

本当に上質の、本当にびったりフィットした手袋は、引っ張ったくらいでは脱げないものです。手袋はたいてい薄い革で、薄い革は引っ張っているうちに伸びてしまいます。ふつう手袋を脱ぐとき、指先部分を引っ張ろうとしますが、これは正しいやり方ではありません。

そこで、脱き方です。簡潔にいうと剥ぐのです。ちょうどバナナの皮を剥くように手袋はまず例外なくスリットが入っていますから、このスリットを利用して、くるりと裏返しにするように、細く右も左も同じように半分ほど裏返しになったところで、静かに、ゆっくりと手を操みます。こうすると簡単に手から外れます。

どういう財布を持つベきか

春はフレッシュマンの季節でもあります。学生時代に使っていたスポーティな財布が少しくたびれているようなら、社会人一年生を機に買い換えるべきでしょう。春財布。その心は張る財布。お札がいっばいになって、張る財布。もちろん春を張るにかけての言葉遊びであり、縁起かつぎであります。もし財布を買うとすれば、いつが最良の時期だと思いますか?それは春です。

財布は大きくふたつに分けて、束入れと札入れとがあります。お札を細長いまま入れておくのが、束入れ。一方、一つ折り式のものが札入れ。細長い形とやや正方形に近い形、と言って良いかもしれませんが、札入れをおすすめします。

さて、札入れでひとつ注意すべきは、小銭入れを別にしておくことです。とにかく財布になにもかも入れてしまうのは考えものです。ひとつの財布に小銭はもちろん、あれもこれも入れると、重く、かさばってしまう。万一、紛失した際にも大事件になってしまうでしょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

グレーのコーデ術-リクルート姿になってしまわないために

ピンクがかったグレー、ブルーがかったグレー、グレーベージュなど、いろんなグレーがあります。そのどれもが、単なるグレーにあった堅い雰囲気がなく、クールでいてエレガントなイメージ。いままでは、リクルートス …

no image

ブラジャーの圧迫と病気との関係

子宮の内側を覆っている内膜組織とよく似た細胞が、など子宮以外のさまざまな場所に、小さな良性の病変をつくるのである。こうした病変は実際の子宮内膜と用し、月経周期に反応して剥がれ落ちようとするのだが、行き …

no image

ファッショントレンドの大きな流れ

トレンドは、ひとつひとつのはやりもの(インディアン・ビンディ、ターコイズ・ジュエリーなど)からもっと大きな流れ(細めのネクタイ、短めの水泳用トランクス、テーパード・パンツなど)まで、あらゆるものを網羅 …

no image

清潔感のない人に素敵は存在しない-サイズが合わない服は選ぶな

身体に服を合わせるのもひとつの手、サイズが合わない服はあきらめなさい、と専門家はいいます。でも、専門家だって、実はデザインに惹かれ、微妙にサイズが合わないのに購入するという失敗を、何度か経験しているも …

no image

フランク・ミュラーの時計に一目ぼれしたある女性の買い物話

最近、時計を購入してしまいました、ちうある女性。それは、仕事で立ち寄ったショップでふと見かけたフランク・ミュラーの時計。 黒のフェイスに、縁はピンクゴールド、クロコのベルトで、メンズタイプのごつめのデ …