雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

手で人の心理を読む

投稿日:

その場限りの言葉を覚えても何もならない。そのためには、他人の話のしかたを観察し、観察を通して、少しでも人間のあり方を知ろうとすることです。人の手の動きで、その人の心理を読み解いてみましょう。

かなりよく手が動いているところを見ると、この話に自信があるらしい。Aは、よく手を使って、自分の体験した話を面白おかしく話している。それにかなり積極的な性格の持ち主らしい。ただ彼の話を面白がっているのはBで、Bも、彼の顔は見ていないで、空き箱をちぎっている。このことから、Aの話はありふれた世間話であるようだ。

Dはコーヒー茶わんを見つめたまま。Cは、Aを見てはいるが、膝をかかえたり、後頭部で手を組み合わせたりして退屈している。性格的にひとりよがりのところがあるのではないか、それとも鈍感なのか、あるいは自分で自分の話を面白がる癖があるのか。

Aは何故話をやめない

時間をおいて同じ動作を繰り返したのは、恐らくこれでもかと同じ話を二度したに違いないが、その際、Bに突つかれて、オデコを叩いたあたりは、目の前に女性がいながら、そんなことにはおかまいなしと言った無遠慮な、あるいはわざとらしい性格の一端がうかがえるのではないか。こんな空気が目の前にあるのに、Aは何故話をやめない。

話というものは、相手の反応あってのものである。Aは上手に話したつもりが、結果としてはマイナスで、話し下手に終わっているのではなかろうか。いずれにしても、とにかくこの場ではせっかく話の主導権を握りながら、かえって雰囲気をまずいものにし、自ら墓穴を掘ってしまった。

このような観察をつづけると、遠くから人の手の動きを見ているだけで、話の内容、話し手や聞き手の性格の一端を推察できる場合もあり、あわせて、手の動きのよいものだけを学びとって、自分自身でも演出することが、少しずつ身についてくるものです。その身につく歩みは非常に遅いことは確かですが、身につけたものは完全です。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

相手の目を見て話すことへの疑問

もしあなたが話をしている時に、じいっと相手に見つめられうで不倫快なものです。実際に人は話をしている時に常に相手の目ばかり見てはいないものです。あなたは今までに、「常に相手の目を見て話をしなさい」と人に …

no image

子供の言語能力の向上において大事なこと

日本の家庭の場合は、よその家庭の子供との比較でしつけるという悪癖があります。隣の子はあんなにおとなしいのだから、あなたもおとなしくしなさいといった具合です。親が子供を観察し、そこから子供に最も適したし …

no image

ラベルと内容は合致しているか

次のように、ラベルとAREAで示される各論が違っていると、聞き手は理解に大変苦労します。「第一は市場創設です。商品Bは、双方向コミュニケーションができます。なぜなら、送受信の機能が搭載されているからで …

no image

人の話を聞くことで身につく情報消化力

他人の体験を学んで恋することに憧れつつ、傷つくことを恐れ、悪い結果になりたくないということばかり心配していたら、恋愛はできません。さまざまな恋愛論を読んだり聞いたりするチャンスが増えました。このチャン …

no image

要素・構造・条件-事実と理由づけ

状況に納得し、満足していて何も言うことがない場合はいいのですが、そうでない場合は、何か言うことを考えておかなくてはなりません。でも、考えておくといっても、何を考えておけばいいのでしょうか?そしてどのよ …