雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

畳の補修-ささくれなどの改善方法

投稿日:

・畳の補修

畳の補修をする場合の、畳のささくれは、木工用接着剤を3倍ぐらいの水で薄め、平筆で両側から寄せるように合わせて接着します。また、家具などでできたへこみはスチームアイロンを使いカーペットと同じような方法で元に戻すことができます。畳の変色を直すには、バケツ半分くらいの水に酔をコップ3分の1混ぜたものを使ってぞうきんでふきます。

・畳

畳には直射日光が大敵です。レースのカーテンやすだれなどで、光を弱める工夫をしておきます。掃除機やほうきは畳の目に沿って使うのがポイント。雪の間や部屋の隅は細いノズルを使ってゴミなどを吸います。水ぶきは畳の寿命を縮めるため、できるだけ避けましょう。水ぶきするときにはぞうきんを固く絞って使い、その後、からぶきして水気を取っておきます。洗剤を使うときには、なるべく薄めてから使うようにしましょう。

繊維壁や砂壁が古くなってくると

・壁の表面が落ちるのを防ぐ

繊維壁や砂壁が古くなってくると、壁の表面がポロポロと落ちるようになります。こんなときは、市販されている壁押さえスプレーを吹き付けておきます。木工用接着剤を、水で5倍程度に薄めたものでも代用できます。この際、周囲の柱や畳などを新聞紙やマスキングテープで覆うのを忘れずに。

・和壁

和室の壁には、しっくい壁(プラスター壁)、繊維壁、じゅらく壁、砂壁などがあります。落書きなどはカッターなどで削り取ってから、サンドペーパーをかけます。タバコのヤニは練り歯磨き粉を布につけてやさしく全体をふきます。しっくい壁以外は、はたきでホコリを取ったり、ブラシで汚れを取るくらいしかできません。日ごろから汚さない注意が必要です。水や洗剤はシミになることがあるので使わないこと。しっくい壁の汚れは薄めた住居用洗剤でふき取ります。続いて水ぶきしますが、ふいた後が残らないように注意しましょう。汚れがひどいときは、サンドペーパーでこすり取ります。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

ブロック塀の塗装の方法

ここでは、ブロック塀の塗装の方法などを紹介しよう。 ・ブロック堀を塗装する ブロック堀は古くなると、目地の部分に欠け落ちができたり、突然ぼこっと穴があいてしまうようなことがあります。汚れを落とし、地面 …

no image

狭いベランダは二重干しでバッチリ

・狭いベランダは二重干しでバッチリ ごく普通の洗濯バサミをひもなどでつなぎ合わせれば完成。うちのべランダはとても狭くて、洗濯物を干すスペースが足りないという人におすすめなのが、洗濯バサミを2個つなぎ合 …

no image

老後の暮らし方-残された未整理のモノをだれが始末する?

いつかあなたがこの世を去ったとき、残された未整理のモノを、だれが始末するのでしょうか。死ぬときにこそ、きれいサッパリと。これが、本来の死というもの。そのときまでの整理・整頓は、暮らす人の責任でもあるは …

no image

捨てる前に-トコトン使いきってから

・捨てるのはトコトン使いきってから 考えは深く、慎重に。実行はすばやく、簡単にとはいえ、すでに10年を経て、元は取ったと納得できるくらい使い込んだモノなら、潔く処分すべし。元の用途では不要なモノでも、 …

no image

食器収納で取り出しにくい奥も取り出しやすく

食器は、まず「用途はごはん用茶腕か取り分け用皿か」「使用は毎日かときどきか」「形は四角か丸か」といった分類をしっかり行なうこと。そして分類に合った指定席を決め、使ったら戻す、をくり返すーこれが整頓です …