雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

畳の補修-ささくれなどの改善方法

投稿日:

・畳の補修

畳の補修をする場合の、畳のささくれは、木工用接着剤を3倍ぐらいの水で薄め、平筆で両側から寄せるように合わせて接着します。また、家具などでできたへこみはスチームアイロンを使いカーペットと同じような方法で元に戻すことができます。畳の変色を直すには、バケツ半分くらいの水に酔をコップ3分の1混ぜたものを使ってぞうきんでふきます。

・畳

畳には直射日光が大敵です。レースのカーテンやすだれなどで、光を弱める工夫をしておきます。掃除機やほうきは畳の目に沿って使うのがポイント。雪の間や部屋の隅は細いノズルを使ってゴミなどを吸います。水ぶきは畳の寿命を縮めるため、できるだけ避けましょう。水ぶきするときにはぞうきんを固く絞って使い、その後、からぶきして水気を取っておきます。洗剤を使うときには、なるべく薄めてから使うようにしましょう。

繊維壁や砂壁が古くなってくると

・壁の表面が落ちるのを防ぐ

繊維壁や砂壁が古くなってくると、壁の表面がポロポロと落ちるようになります。こんなときは、市販されている壁押さえスプレーを吹き付けておきます。木工用接着剤を、水で5倍程度に薄めたものでも代用できます。この際、周囲の柱や畳などを新聞紙やマスキングテープで覆うのを忘れずに。

・和壁

和室の壁には、しっくい壁(プラスター壁)、繊維壁、じゅらく壁、砂壁などがあります。落書きなどはカッターなどで削り取ってから、サンドペーパーをかけます。タバコのヤニは練り歯磨き粉を布につけてやさしく全体をふきます。しっくい壁以外は、はたきでホコリを取ったり、ブラシで汚れを取るくらいしかできません。日ごろから汚さない注意が必要です。水や洗剤はシミになることがあるので使わないこと。しっくい壁の汚れは薄めた住居用洗剤でふき取ります。続いて水ぶきしますが、ふいた後が残らないように注意しましょう。汚れがひどいときは、サンドペーパーでこすり取ります。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

自分でテレビを塗ってみる

今じゃ黒とシルバー以外は存在しないし、薄型液晶なんて画面が肥大して、本体カラーは額縁以下だ。デザインの素敵な輸入家電を扱う店も増えたがテレビばかりは、海外のものを簡単に扱うのはちょっと難しいらしい。と …

no image

使わない食器の収納方法ってある?

・使わない食器はラップでくるむ 箱にしまい込んでおくのも面倒なものだが、棚のなかではかなりのスペースを占領している。お客さまがあったときの料理を取り分ける小皿セット、冬にしか登場しないちり蒸し用蓋付き …

no image

食器の臭いを消す効果的な方法

・食器のニオイを消す方法 商店街を通っているとき、お茶屋さんが番茶を妙っていると強く香ばしい、いいニオイがする。食器棚にニオイがついたときには、番茶の香りを利用してニオイを取ろう。深めの皿にほうじた番 …

no image

階段のDIYや壁紙などについて

手すりは、階段の事故を防ぐために、絶対といっていいほど必要な設備です。既製の手すりセットもありますが、木の丸棒(ただし長さは180cm)を使ってのオリジナルな手すりなら、手触りも見た目にも優しい感じを …

no image

風呂の蓋を固定する収納方法

・倒れやすい風呂のふたの固定法 クルクル丸めて立てておいても、バランスが悪く、何かの拍子にバタンと倒れてきたりしてびっくりすることも。入浴中にじゃまになるのが浴槽のフタ。そうならないように、フタを固定 …