雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

タレント教授で生き残る大学病院のやり方

投稿日:2014年11月19日 更新日:

自分の大学病院の情報を外に発信することが、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的要求であると理解できるようになるには、まだまだ時間がかかりそうである。企業であれば広報があって、その社のイメージを重要視し、情報を管理している。大学病院にそういったものが存在しないことが、まさに医療情報の閉鎖症の象徴ではないだろうか。

タレントを受験させたり、奇抜な入試を行なったりして、懸命に受験者数を増やそうと努力しているらしい。私立大学では受験料の収入が大きい。まさにそれは邪道であるが、それほど大学経営というものが苦しくなっているせいでもあろう。一般の大学では大学同士の受験生の奪い合いさえあるからだ。

タレント教授で生き残る大学病院、つぶれる大学病院と言った話を聞くことがある。メディアに出る教授はタレント教授という見方しかされてこなかったが、医療の情報公開が一般的な評価の対象となってくれば、メディアに上手なアピールをするほうが、大学病院のイメージアップにつながる。

夜のテレビ番組のコメンテーター

もうだいぶ以前から有名私立大学では、夜のテレビ番組のコメンテーターとして自分のところの教授たちを送り込んで、潜在的に大学のイメージアップと権威付けをやっているようだ。

大学病院も一企業という考えが経営者にあれば、メディアに出る自分のところの医者をもう少しうまく使うだろうし、利用しない手はないと考えるだろう。医学部ではまだそういった競争までいかないし、ここ数年、受験者数が減ってきたとはいえ、まだまだ大学側がかなり有利な立場にあるということがいえるだろう。

しかし、現在の大学病院経営者にそういう視点からの配慮はまったくないといわれる。近い将来、大学病院といえども、病院間の競争になってくれば、メディアは患者にいいイメージを植え付ける重要な手段になってくるだろう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

健康のために毎日運動をしよう

健康のために、1日5千歩のウォーキングなどの運動を始めてみてはどうでしょうか?どんな形でもいいので、5千歩歩いてみましょう。 まとめてではなくても、1日トータルで5千歩を目指しましょう。通勤の際にひと …

no image

高収入が見込める麻酔科医におすすめの求人サービス

麻酔科医は、昔は人材不足がひどかったようですが、現在ではそれも解消しつつあります。しかしそれでも、まだまだ医師不足であることには変わりないようです。 ですので、麻酔科医の求人はそこそこ見かけます。ただ …

no image

老人内科の求人がなかなか見つからない人必見!

老人内科の求人はあまり多くないように思われがちですが、意外に求人数は多いようです。求人誌などで探すと見つかりにくいようですが、エムスリーキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職支援サービスであれば、か …

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の方が亡くなっていたし、どんな医療先進国でもそれはゼロにはならない。妊産婦の死亡率や乳児の死亡率の低さに …

no image

これは高収入!腎臓内科の転職案件を紹介してくれるサービス

腎臓内科は経験がものを言う分野と言われていて、腎不全が進行する症例が多く、幅広い知識と経験が必要なようです。腎臓内科の分野でキャリアを深めていくためには、急性期基幹病院、大学病院などで腕を磨いていくか …