雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

タンスで湿気が多い下段には何をしまうといいの?

投稿日:

・湿気が多いタンスの下段には何をしまう?

ちょっとおしゃれ気分を味わいたいセーターやブラウスは、たたんで整理ダンスへ、というのが、ふつうの整理方法だ。形崩れの心配なコートやスーツといったような服は、当然だが保管もていねいになり、洋服ダンスに吊るして大切に扱う。ただ、この整理ダンス、どうしても下段のほうが湿気が多くなる。ウール素材のものなどを入れておくと、けっこう高かったのよねというようなお気に入りも、カビがはえたりする。

また下段は開け閉めが面倒なので、一度しまい込むと袖を通さないままという服も多くなる。風にあたるチャンスも少なく、よけいにしまい込んだまま古びて傷む結果を招きかねない。下段には、ポリエステルやレーヨンのような合成繊維のものをしまうのがベスト。処分することになっても仕方がないと、あきらめられるものをしまうようにしよう。そして、ときどきは下段を点検して、捨てられるものはどんどん捨てていこう。

死蔵品をつくってしまう可能性

・どこに何を入れたかわかるようにするエ夫

もし押し入れに余裕があれば、何かのときに着るかもしれないからと箱に詰めてとっておくことにするケースがほとんどだろう。捨てる服、とっておく服の区分をしても、どっちつかずの服というのがどうしても出てくる。ところが、いざその何かのときになると、どの箱だったか、どの場所だったかわからなくて、結局は着ないままということがある。これでは、死蔵品をつくってしまう可能性が眠ってしまう。

そのため、収納する場合は、箱にラベルを貼っておくといいだろう。なかに入れたものの概要を記して、手前から見ただけでわかるようにしておけば、使いたいときにすぐに取り出せる。たまにとっておいたことさえ忘れてしまうことがある、という人は、写真を一緒に貼っておくと、箱を目にするたびにあ、あの服まだあったんだと確認することにもなり、重宝する。是非実践してみよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

階段のDIYや壁紙などについて

手すりは、階段の事故を防ぐために、絶対といっていいほど必要な設備です。既製の手すりセットもありますが、木の丸棒(ただし長さは180cm)を使ってのオリジナルな手すりなら、手触りも見た目にも優しい感じを …

no image

シャワーヘッドやホースの交換方法

へッドやホースが傷んだときは、新しいものに取り替えます。ネジが合わないときは、別売りまたは付属のアダプターを間に入れて取り付けます。取り付けときは金具を傷付けないよう、布を当ててプライャーを使うなど注 …

no image

玄関に小さなカゴを置いておくと便利

・玄関に小さなカゴを しまった。昨日のスーツのポケットの中に入れたままだ。朝あわてて外出したら、定期がない。なんて経験をしたことのある人は多いはず。そうでなくても、帰宅して着替えるときにポケットから出 …

no image

サイズが合わない服はどうすればいい?

・サイズが合わなくなったらこの方法 リサイクルに出すほどのものではないとか、一人分なのでフリーマーケットに出店するほどたまらないというとき、子供のいる友人にあげてしまうのがいちばん簡単な方法。子供服は …

no image

靴の空き箱はビデオの収納に最適

・靴の空き箱は収納スペースにぴったり いざ処分しようと思っても、本棚の奥にぎっしり詰まっているのでは整理するにも手間がかかる。少しずつ録画して増えたビデオテープ。そこでビデオ収納を引き出し式にしておけ …