雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

他人のための保険から自分のための保険へ

投稿日:

これからの生命保険事業、中でも保険機能面を考えるとき重要なのは、保険会社が対象とするマーケットが急激に変化しているということ、またその変化への迅速・的確な対応を迫られている、ということです。生命保険の加入目的は昭和五十八年には自分が亡きあとの家族のためという目的が圧倒的に多かったのですが、昭和六十三年調査では、死亡保障目的は五〇%を切るところまで落ち込み、逆に老後の生活資金、貯蓄、こどもの教育、結婚資金目的の合計が死亡保障目的を上回りました。

生命保険文化センターの最近の調査結果をみますと、生命保険の利用目的や加入者層が急速に変化していることが分かります。一時払養老保険に女性契約が多かったことの影響と思われますが、被保険者(保険の対象になっている人)についてみると、昭和六十三年度の生命保険業界全体の新規契約件数約一千六百万件のうち女性が被保険者なのは約八百万件(五〇・一%)となり、件数では男性を約五万件上回りましたが、平成五年度では男性の方が五六%となり、関係が逆転しています。

国民全体の長寿化、高齢化と密接に関連

昭和六十年代初期の一時払養老保険のブーム期を反映していた面もあると思われます(その後一時払養老ブームの沈静化につれ、平成三年の調査では死亡保障が五八・八%となりましたが、かつてのレベルより低い水準にとどまっています)。このように加入目的や加入者が変化してきたのは国民全体の長寿化、高齢化と密接に関連しています。

かつての、人生が五十年だった時代には定年後の心配はそれほどする必要がなく、一番心配なのは家計を支える人の死亡、それによる遺族の生計維持のことでした。したがって生命保険に対して最も求められたのは死亡保障の機能でした。長生きしすぎる危険に備えるニーズが生じてきます。基本的には現在でも変わっていませんが、人生八十年時代になると定年後の生活が二十年もそれ以上も続きます。この期間の自分の生活(費)をどうするかが大変重要なことになってきます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生命保険の大手だからといって信頼しきるのは危険

保険会社の見分け方、生命保険会社の優劣を見分けようとするとき、あなたは何を基準に考えているのだろうか。圧倒的大多数の人々は、今まで、その会社の規模が大きいかどうか、名前が知られている有名会社かどうかを …

no image

宗教法人への保険営業の提案

宗教法人、在来系仏教寺院への生命保険提案は、どのように行えばいいのでしょうか?生命保険営業において、宗教法人への保険営業の提案は重要です。宗教法人には、公益事業(本来の布教など宗教活動)部分が非課税に …

no image

子供保険は人気だが本当に必要なものなのか?

こども保険は、本当に子どもやその親のためになるか?答えはNOだ。この保険は、加入すると損失に向かって爆進するので地獄だし、途中で解約すれば解約返戻金が少ないので地獄だし、満期を迎えれば払い込んだ保険料 …

no image

家族収入保険は実際に家族のためになるのか?

家族収入保険を簡単に解説すると、死亡保険金を一時金で受け取るのではなく、年金という形で受け取る定期保険と思えばよい。ただし、普通の年金と違うところは、保険期間(年金が受け取れる期間。満了といういい方を …

no image

子どもの教育資金が心配です。保険に入ったほうがいいの?

「こども保険に入ったほうがいい?子どもの教育資金が心配です。」 子ども保険は入学や進学に合わせて満期金や祝い金を受け取れます。しかし、満期金と祝い金の合計額が払込保険料合計額を下回っているケースもあり …