雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

タクシー運転手の危険な運転-勝手な振る舞いが目立つ

投稿日:2014年11月8日 更新日:

世の中には、危ない運転をするドライバーは非常に多い。まさか、という行動をとるドライバー。ウインカーを出さずに曲がる人などの危ない運転者と通じるものがあるが、もっとも多いのはタクシーだ。

一般の車両がちょっとでも交通の妨げになるようなことをしょうものなら即座にクラクションを鳴らしたり、車間距離をつめてプレッシャーをかけるようなことさえするのに、仲間内には寛大なのもタクシーの特徴である。

客がいるとなれば突然だろうが、交差点内だろうが容赦なく止まる。ふだん街中を走っていても、タクシーはじつに勝手な振る舞いが目立つ。駅の周辺では、客を降ろすために二重駐停車を当たり前のようにしていた。後続車にクラクションを鳴らされても、睨みつけられてもお構いなしだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

自分勝手な運転

以前、深夜に帰宅する際に乗ったタクシーの運転手は、空いているのをいいことに、信号無視もし放題だった。交差点にさしかかったときに対向車も横切るクルマもないと見るや、ずるずると前進しながらいつのまにか赤信号を無視。効率よく操業するためなのかもしれないが、はっきり言って怖い。

歩行者に対してクラクションを鳴らしながら、商店街などを相当なスピードで走っていくドライバーも、シチュエーションを考えないという点ではこのケースに当てはまると言えるだろう。本当に自分さえ良ければ、他人などお構いなしという人が多いのは嘆かわしいことだ。道路は皆で共有している者なのだから、ちゃんと周りを気遣って、自分勝手な運転ばかりをしないほうがいい。

自分さえよければと、自分勝手な運転をしていると、事故を起こしてしまう可能性が増える。常に回りを意識し、譲り合いをして、身長に運転している人は事故が少ない。自分勝手な運転をする人は、かえって自分の首を絞めているということに気がつかないといけない。特に、何十年も運転をしてきているベテランドライバーなら、いつまでもこんな運転をしていてはダメなのに気づかないといけない。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の豪華な装備はアピールした方か断然おトク

アルミホイールやエアロバーツなどを装備の車を高く査定してもらうためには、基本的にそうしたパーツを装備した車を、売り物として多く並べている店を選ぶといい。アルミホイールやエアロバーツなどの人気オプション …

no image

車を売りたいが車検直後に売ると損と思っていないですか?

たしかに車検取得直後の売り出しは珍しいけれど、そのぶん査定額は上がるし、イヤイヤ乗りつづけるぐらいなら、思いきって高いうちに売ってしまうのもいいかもしれない。車検代がもったいないから、いっそこの時期に …

no image

パールホワイトなど車は色ムラに注意しないと危険

パステルカラーの中古車の場合、色あわせがむずかしいので、新たに塗装すると、それ以外の部分との色ムラが極端に目立ってしまう可能性がある。小さな傷の場合、営業マンが、これなら私のほうでタッチアップペインと …

no image

車販売店のホームページを見るとサービスの程度が分かる

車両情報だけでなく、アフターサービスや保証内容など、細かい部分にまで手の届く情報を掲載している会社なら、購入後に何かトラブルがあっても、きちんと対応してくれることだろう。ホームページで、その会社がどん …

no image

高回転エンジン車をありがたがる日本の傾向

ヴィッツの姉妹車としてワゴンのファンカーゴ、bB、イスト、3ボックスセダンのプラッツなどがありますが、どれも出来のいいクルマですが、なかでもイストは高い点数が付けられます。乗り味にこだわる人は、ヴィッ …