雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

高尾山の登山は人気だが先に連なる山々を発見してほしい

投稿日:

身近に山の話をしてくれたり、山に連れだしてくれたりするベテランがいればいいのですが、そうそう都合よく事は運びません。山を知りたいと思ったら、何よりもまず山の本を読むことです。いわゆる入門書や技術書ばかりでなく、小説やエッセーも参考になります。手近な先生は、やはり山の本になる、という次第です。

昨今、夏の富士登山がブームです。春夏秋冬、高尾山が大人気です。それはいいことだとは思いますが、山大好き人間のぼくとしては、ちょっびり不満です。マスコミのアジテーションに乗せられているだけではありませんか。富士登山者、そして高尾登山者の大半が、山を発見できてないと思えるからです。

ぼくが山を始めたばかりの高校生の頃、ハイカーという雑誌を読んでいました、というあるベテラン登山家。同誌には英文学者であり登山家である田部重治さんの、日本アルプスと秩父巡礼が連載されていました。いつの日か、こんな素晴らしいルートに足跡を残してみたいもんだと思ったものです。たまたま読んだ号には、奥秩父笛吹川東沢釜ノ沢初遡行の順末が報告されていて、日本にもこんな秘境があったんだと、感動したことを覚えています。

高尾山の先に連なる山々を発見してほしい

後年、昭和山岳会で基本を学び実力を養ったぼくは、釜ノ沢を遡行して高校生の頃の思いを果たしました。ハイカー誌のおかげで、自分の山を一つ発見できたというわけです。井上靖さんの小説氷壁も面白かったですね。この小説のおかげで、自分が登ってみたい山として、前穂高岳東壁を発見し、北穂高岳滝谷を出合いから入って雄滝、滑滝を越えて行くという登り方があることを発見しました。

釜ノ沢を遡行しただけでは終わりませんでした。流木を集めて川原で楚き火、炎が天まで焦がしたのも懐かしい思い出になっています。昭和山岳会を卒業し、蒼山会同人という自分の山岳会を創立したぼくは、仲間を募って笛吹川東沢流域の枝沢を次々にトレースしました。どこぞの繁華街の人気ラーメン店の行列のように高尾山に登るのではなく、高尾山の先に連なる山々を発見してほしいのです。ファッション情報を鵜呑みにするのではなく、自分自身の富士山を発見してほしいのです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山谷風は山腹に刻み込まれた谷沿いに山頂と麓の間を上下する風

悪天候の予兆である上空の風の強まりや低気圧の接近が起こると、山谷風の流れが一定ではなくなる。しかも雲が出てきたりするから、地表の温度も変わり、風のでき方も変わるのである。いつもより一~三倍も強い風が、 …

no image

箕面を散策してみる

箕面は一時期、観光用に餌付けされ、さらに観光客が食べ物を与えたり捨てたりしたためにサルたちは人ずれして、人間を襲うことで知られるようになった。しかしサルを自然に返す実験ですとの看板の通り、現在ではサル …

no image

引率者の責任-あなたの命令は絶対であることを子ども達に信じさせる

家ではどうであれ、アウトドアでは皆、役割を分担する。全員平等に扱われ、全員平等に仕事を受け持つ。引率者は召使いではない。バックカントリーでのお行儀を、何度説明してもなかなか把握しない子がいる。責任者は …

no image

高山植物は山を特徴づけている

森には、寒冷な気候に適応した針葉樹林、冷涼な気候に適応した落葉樹林、温暖な気候に適応した照葉樹林などがある。生物分布帯ができ上がる理由は、主に気温と雨量によって影響を強く受ける植物が生育しているから。 …

no image

晴天特異日であっても雨が降ることはある

1年365日、地球が太陽を一周するのが1年です。1前の同日は、1年前と同じ天気になっても不思議ではありません。とはいうものの、具合良く同じ天気になるわけではありません。しかし、365日の中には、晴れる …