雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

高く売れる車は人気車を買うということだと忘れないこと

投稿日:2014年11月2日 更新日:

要は高く売れるクルマ=人気車を買うってこと。クルマは結婚相手じゃない。いつかは別れる相手。クルマは乗る期間によって、ホントにベストな選択が違ってくる。そのときにつらい思いをしないためにも、買うときから手放すときのことも考えよう。

2年乗ってボロボロにしたのに100万円で売れた。軽自動車なのにパジェロミニは150万円もした。高い、なんでと思ってました。パジェミニちゃんエラい。

これがバジェロミニじゃなくて、ダイハツアプローズなんて不人気車なら、新車から3年で下取りはタダみたいになっちゃう。それが不人気車の定め。

流行で人気のあるクルマ。今で言えばRV系。しかもオシャレな雰囲気のするもの。
できだけ新しいほうがいい。よくあるパターンを頭にたたき込んでおこう。オイシイ思いをするには、人気車のパターンを知っておくべし。

車の買取査定を上げる色々なポイント

来年も再来年も人気があるとは限らない

ステップワゴン、エスティマ、オデッセイ、CRーV、キューブなどだ。ただし、その人気はうつろいやすく、来年も再来年も人気があるとは限らない。117クーペや30Z、ホンダS800、セリカLBなどの旧車は、年がたっほど値段が上がる傾向も。定番の人気車や名車。NSX、セルシオ、スカイラインGTR、ユーノスロードスターなどの歴史に残るような名車は狙年後も人気は確実。

2年くらいの短期でクルマを乗り換えるなら人気車を狙うのだ。古くても高く売りたいなら、専門店へ持っていくのが鉄則だ。ランエボ、RXー7、ランクルなど、趣味性の強いクルマも根強い。流行に関係なく、安定した人気を誇る。

少々古くても、調子がよければ高く売れる。名車は古くたって恥ずかしくないのもメリットだ。しかも、マニアに人気のクルマは程度が命。マニアに人気のクルマでも、一般的にはクズ鉄のような扱いしかされないこともある。10年乗ってもしっかりと価値が残るなんて、歴史的な名車だけの特権。

ただし、50万円以下の激安車を買うつもりなら話は別。廃車の費用はおおむね2~3万円ほどで、さらに値上がりしていく動きがあるのだ。ー年乗れば、せいぜい10万円にでもなればラッキー。ほとんどの場合はタダ。場合によっては廃車費用を請求されることもある。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

タイヤが路面に伝える力の大小

タイヤが路面に伝える力の大小は、ブレーキや操縦性・安定性の面から重要ですが、高出力エンジンによる優れた駆動力を有効に路面に伝えるという面からも重要な問題で、これが不十分では車を思うように加速することは …

no image

中古車雑誌のウソ・ホント-広告主が神様でユーザーは2番

広告主が離れてしまう企画内容を作るわけにはいかない。中古車雑誌は彼らのために作られているというのが実状に近い。あまり大きな声では言えないが、中古車情報誌は広告主が神様だ。広告主とは、広告料金を払ってく …

no image

ホンダMDXの評価-全長の4790mm、全幅は1955mmに達する

ホンダのMDXは、どう見ても北米専用モデル。全長の4790mmも長いが、全幅は1955mmに達する。ランドクルーザーの100シリーズの1940mmを上まわる寸法だ。 MDXは北米市場に向けて開発された …

no image

トヨタプラッツの評価-もう1つのトヨタ商法が見え隠れ

トヨタプラッツは、もう1つのトヨタ商法が見え隠れすると専門家が指摘している4ドアセダン。全長は4180mmで、国産車では最小サイズクラスのセダンとなる。ベースとなったヴィッツは99年に登場した、01年 …

no image

外車は故障が多いので愛情を注げないのならやめるべき

外車を買ってビックリするのが、故障の多さだろう。年間でいくら修理費がかかったかなんて、おそろしくて計算したくない。激安だったので買ったら、毎月のように故障する。外車購入はハタで見るほどアマくない。修理 …