雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

太陽はどうして長く燃え続けることができるのか

投稿日:2017年8月13日 更新日:

太陽はどうして長く燃え続けることができるのか

太陽は46億年前もの昔から燃えつづけている

太陽は、46億年前もの昔から燃えつづけている。いくら大きいとはいっても、どうして太陽はこんなに長い間、エネルギーがなくなることもなく、燃えつづけることができるのだろうか。

太陽はどうして長く燃え続けることができるのか不思議だ。太陽は46億年前にできた天体であると言われている。

46億年も昔から

46億年も昔から

ということは、46億年も昔から、太陽は燃え続けているということになる。どうしてそれほど長い間 燃え続けられるのだろうか。

もしも太陽のエネルギー源が石炭だったとすれば、計算上はわずか数千年で燃えつきてしまうことになるので、とても地球上に生命を育むことはできなかっただろう。

もしも石油だったとしても

もしも石油だったとしても、46億年も燃え続けられるのは不可能で、せいぜい5000年ほどで消えてしまう。

だが太陽のエネルギーは、石炭よりもっと強力、かつ長持ちする方法で生み出されているのだ。

核融合エネルギー

それは核融合エネルギーである。太陽では、水素原子核が物凄い圧力でおさえつけられており、四つの水素原子が合体して一つのヘリウム原子核になるという核融合反応が、絶え間なく起こっている。

水素原子核四つの質量に比べ、新しくできるへリウム原子核の質量はわずかに軽い。減った質量は、エネルギーに変わつたのだ。これが太陽のエネルギー源である。

核融合では

核融合では

核融合では、水素一グラムで石炭1600万グラムと同じエネルギーをつくりだすことができるのだ。

太陽が四十六億年も燃えつづけ、将来も五十億年近く燃え続けることができるといわれている理由はここにあるのである。

燃えているのではなく

あえて表現を、「燃えている」と表現しているが、実は、燃えているのではなく、原子核と原子核がくっつき合う反応である、核融合により、核爆発を繰り返しているのだ。

だから、太陽の熱はとてつもない温度となっている。太陽からかなり離れた地球にも、太陽の熱が伝わってくるのを考えれば、どれだけの熱を発しているかが想像できる。本当に宇宙はとてつもない世界である。

-雑学

執筆者:

関連記事

一般車両が追突する事故がありました

ジャガーのエンブレムは突起物として扱われる?

いまや絶滅寸前のリーピング・キャット。最近、ジャガー車のボンネットにリーピング・キャット(跳びはねるネコ)のエンプレムを見かけなくなったが、何か理由があるのだろうか。 そこで、ジャガージャパンに問い合 …

ココアの持つ意外な健康効果とは?

牛乳を腐らせて作るヨーグルトがさらに腐るのは何故?

牛乳を腐らせてつくったヨーグルトが、なぜ腐るのか疑問である。これは、腐敗にはよい腐敗と悪い腐敗があるためだ。発酵も腐敗も、微生物のしわざであることは共通している。牛乳が微生物の作用で、よい腐敗をしてい …

明治時代の1円の価値は

永仁の徳政令はなぜ出されたのか?

永仁の徳政令はなぜ出されたのかご存知だろうか。当時、貨幣経済の発達の影響をうけ、生活に困る御家人が増え、所領を売り払う者も続出していた。鎌倉幕府は永仁五年(一二九七)のこの日、永仁の徳政令を出した。内 …

耳が詰まる

ダビデ像のダビデっていったい誰?

ダビデ像のダビデっていったい誰なのか?中世イタリアにおいて、フィレンツェは自治都市として栄えていた。そしてメディチ家による芸術の奨励とその保護のもとでイタリア・ルネッサンスが花開いた。宗教的な政治支配 …

すべて合わせると一五里程度となるが九十九里はない

一番風呂は体に悪いというのは本当か?

一番風呂は体に悪いというのは本当か?かって家族制度のもとでは、家の中ではお風呂に入る順がきちんと決まっていた。もちろん、一番風呂は家長であるお父さんの権利であったが、その権利も今では、お父さんの入った …