雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

タイヤをチェックすると前のオーナーのクセが分かる

投稿日:2014年11月5日 更新日:

セールスのスタッフが傍に立ち、あなたの行動をじっと見ているだろう。プレッシャーを感じることもあるかもしれないが、ここはあくまでもマイペースを貫こう。問題点を先回りして説明したり、フォローしたりするかもしれない。なんかいいクルマだなという第一印象を冷静に持つことができたなら、いよいよクルマの各部を個別にチェックだ。

中古車のタイヤには、前オーナーの情報がギッシリ詰まっている。最初に見るべきなのは、タイヤだ。クルマがわかった、運転の上手な人は、コーナーでは十分に減速し、コーナリング中はアクセルを踏んだ状態で曲がる、いわゆるアンダーステアを出さない運転をする。その上、前後のタイヤを定期的にローテーションしてやることで、均一にタイヤが減るように気配りできる。

リアタイヤを見て、フロントと比べて角ばって減っているようだと、タイヤの前後ローテーションもせず、乗りっ放しだった可能性が高い。こういったクルマは、フロントのホイールにだけ、ブレーキカスがこびりついていることも多いはずだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

メカニズムのチェックをしっかり

また、フロントタイヤの外側がやけに減っているのは、コーナーや曲がり角でハンドルまかせに曲がる運転をしていた証拠。これはあまりうまい運転とは言えない。ステアリング機構へのストレスもかかりがちな運転だ。フロントだけ、またはリアだけが新しいのも感心しない。

前後のタイヤが均一に減っていないからといって、中古車の品質が悪いと決めつけるのは早計だが、少なくとも、クルマのメカニズムに無関心な前オーナーだつたことはたしか。それを念頭に置いてメカニズムのチェックをしっかりしたい。

一輪だけ違う、などというのは、パンクの際、交換したのかもしれないが、一つだけブランドが違うというのも無神経だ。スペアタイヤも一応、チェック。なお、この時、タイヤのブランドが四輪とも同じかどうかも見ておこう。タイヤの山がないのは交換の上で納車を交渉したいが、その際は、必ず四輪とも新品にしてもらおう。

たとえば5年落ちで走行距離1.5万師なら山は十分だが、ヒビ割れたタイヤにはグリップ力は期待できない。たとえ山があっても、ゴムにヒビ割れができてるのはもう寿命。タイヤは走らなくてもせいぜい3年、できれば2年以内で交換したい。四輪とも新品なら、走行距離の目安にもできる。
一部のハイグリップタイヤは別として、多くの輸入車が純正で履く汎用タイヤは、3万キロはもつ。ただ、いきなり販売スタッフを問い詰めるのはやめた方がいいので注意。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

アクティブサスペンションの制御

今日ではエレクトロニクスを使って車体の振動を制御するスカイ・フック・ダンパーの原理(実在しない天空を支点としたダンパーで車体の揺れを抑える考え方)を適用したアクティブ・ダンパーや、究極のサスとされるア …

no image

中古車は必ず試乗させてもらわないといけない大きな理由

中古車店は、ほかにもうんとたくさんある。試乗したいと言って、店にできないとつつばねられましたなんて時は、購入前の試乗をさせないときは理由を聞こう。バッテリーを積んでないなら、ほかのクルマで始動させる。 …

no image

自動車のオイルに関する基本知識を知っておこう

クルマのマニュアルを見ると、オイル交換にはメーカー純正オイルを使うように指示してあるけど、これはメーカーの保証を受けるためのもの。中古車でメーカーの保証が切れているのなら、クルマの使用条件に応じてなん …

no image

道路建設のように公益性の高い場合

公益か私益かという問題は非常に複雑、微妙ですが、道路建設のように公益性の高い場合は、ある程度の個人の権利の制約はやむを得ないように思います。例えば、多数の利便性のために必要な施設を造ろうとして莫大な税 …

no image

ローバーミニの中古車はタマ数も多く見つかりやすい

1リッター、4気筒のエンジンを横置きにし、トランスミッションとデフを積み重ねることでスペースを稼ぐ、というアイデアで、最小の外寸に最大の居住空間を実現した設計者、アレック・イシゴニスは天才と呼ばれ、サ …