雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

タイヤホイールに関する基礎知識をよく覚えておこう

投稿日:2014年11月3日 更新日:

タイヤは、できればスリップサインが出る前に交換したい。ヤマがなくなるまで使うのは論外。たかがタイヤとバカにするなかれ。すり減ったタイヤで雨の高速道路を走っていたら、急にスピンを起こしてガードレールにぶっかっちゃった。幸い大事故にならないですんだけどなんてもことありえるのだ。

現在は規制緩和のおかげで、タイヤの外径が変わらなければインチアップと呼ばれる、ホイール径を大きくすることができるようになった。インチアップのメリットは、偏平率を小さくすることでタイヤの剛性が上がり、コーナリングレベルの向上、足まわりがスタイリッシュに見えるなどであり、走りを楽しむ人には魅力あるチューンナップのひとつだ。

タイヤ交換の基本は、新しいタイヤもこれまで使っていたものと同じタイヤを選ぶことである。これによりハンドリングや乗り心地はほとんど変わらないので、今までどおりの感覚で運転することができるのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

インチアップをする場合

インチアップをする場合は、タイヤがタイヤハウスやフェンダーに干渉しないように注意すること。ファミリーカーにとっては値段が高くなるし、乗り心地が悪くなるなどのデメリットのほうが大きい。故障や事故の原因になる。

前後のタイヤの位置を入れ替えるローテーションをやることによってタイヤの減りを前後でそろえられる。できれば5000キロ走行ごとにしよう。タイヤの寿命は、走行距離で3万キロが目安。もちろん走行条件により変化する。カーショップやガソリンスタンドに依頼すれば、すぐやってもらえる。ついでにホイールバランスの調整やタイヤのチエックをしてもらえば完璧だ。

指定サイズはクルマのマニュアルや運転席側のドアの内側に表示してある。これを防ぐには、クルマメーカーの指定サイズのタイヤを使えほとんどのクルマに、ワンサイズ大きい指定サイズがあるはず。こういったことをよく知っておくと、タイヤが原因で起こるトラブルを未然に防ぐことができる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ジャガーのハイブリッドスポーツコンセプトカーC-X16の賞の受賞

ジャガーのハイブリッドスポーツコンセプトカー「C-X16」が英国の自動車専門誌「ワッカ(What Car?)」の読者が選んだ’2012年発売予定の新車の中で最も魅力的な車(Most Exc …

no image

自動車が浸水事故にあったら

自動車が浸水事故にあったら人命も危険ですが、貴重な愛車が大きな被害を受ける。梅雨の時期には、あらかじめ車を高い場所に移し、特に休暇で注意しなければならない。基本的には可能な高い地域に駐車するのが有利で …

no image

オデッセイの進化-多座席車のイメージとまったく違う走り

・ミニバンミドルクラス・オデッセイ オデッセイは、それまでのワンボックスタイプの多座席車のイメージとまったく違う走りを見せ、販売台数を伸ばしました。ミニバンはホンダの初代オデッセイがパイオニアです。初 …

no image

プリウスアルファ-燃費と環境性能と高度な技術の感覚を継承

プリウスアルファ(α)は、2011年5月13日に日本で発売されたハイブリッドカーで、名前のようにプリウスのミニバンバージョンに該当する。当初4月発売予定だったが、日本の大地震の影響で延期された。プリウ …

no image

自動車の居住性とは座席に座っているときの居心地の良し悪しのこと

自動車の居住性とは、座席に座っているときの居心地の良し悪しのことで、英語では空調も含めてアメニティ(快適さ)といいます。居住性の評価は四人乗りの車に対しては当然四つのシートについて行わなければなりませ …