雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

タイル、浴室などの日常の手入れ方法

投稿日:

浴室・タイルなどの日常の手入れ方法を紹介します。浴室に窓がなく入浴後湯気がこもる場合は、シャワーで冷たい水を浴室全体にかけておくとよいでしょう。壁のタイルは、浴室用洗剤をスポンジに付けでふき取ります。目地のカビも、発生直後なら塩素系カビ取り剤で落とすことができます。入浴後の換気と洗い流しをこまめに行います。あまり強くこすり過ぎると目地を傷めてしまいますから、注意してください。

落ちないようなら目地を取り替えます。掃除が終わった後は、水気をきれいにふき取っておくことも大切です。浴室用洗剤と塩素系カビ取り剤は、混・ざると有毒な塩素ガスを発生するので、扱いには要注意。排水口にたまった髪の毛や石けんかすなども、こまめに取り除くように心がけましょう。また、浴室の椅子などの小物は時々日光消毒しましょう。できるだけバスマットや小物などをどけてから、掃除を行うようにします。

トイレの床をクッションフロアに

トイレの床をクッションフロアにしてみてはどうでしょうか。まず、便器より大きな厚紙を用意し、やや大きめに便器サイズの穴をあけ、便器のまわりにはめ込みます。厚紙と便器との間のすき間に、小さな紙をテープで張って、穴の大きさが便器にぴったり合うようにします。型取りが終わったら、厚紙を中央で切って外します。次に床の寸法をメジャーで正確に測ります。この寸法より多めにクッションフロアを購入し、寸法通りにカッターで切ります。

型取りした厚紙を便器の位置に正しく置き、テープで止め、ずれないよう注意して水性ペンで型を写します。写した部分をカッターで切り取り、直線の切り込みを入れます。トイレの床に両面テープを張り、クッションフロアを敷き込んでみます。合うようなら、テープの紙をはがしながら敷き込んでいきます。最後に、便器とクッションフロアのすき間にシリコン系の充てん剤を埋め込みます。普通の部屋と違い、中央に便器がありますから、これをよけて張ることがポイントです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

普段使いのアクセサリーの保管方法

手ごろな価格のせいだろうか。友人知人からのプレゼントやお土産にもらうことの多い、普段使いのアクセサリー類。まったく使わないのも悪いという思いからとっておくと決めたのなら、しっかり保管しなければいけない …

no image

包丁などの刃物専用の引き出しを作っておくと安心

・刃物、専用引き出しを作っておくと安心 引き出しのなかにレードル類と一緒にスライサーやおろし器を入れていて、ほかのものを取り出そうとして手を傷つけてしまうことがある。シンク下の扉の裏には、たいてい包丁 …

no image

釘を打つコツは下穴をあけておくこと

・クギを打つ 下穴をあけておくと木が割れるのを防ぐことができます。下穴に合わせてクギを入れ、クギの根元を指で押さえて、金ゾチの平らな面で軽く打ちます。クギが安定したら強く打ち込み、下の木材に届いたら直 …

no image

食器収納で取り出しにくい奥も取り出しやすく

食器は、まず「用途はごはん用茶腕か取り分け用皿か」「使用は毎日かときどきか」「形は四角か丸か」といった分類をしっかり行なうこと。そして分類に合った指定席を決め、使ったら戻す、をくり返すーこれが整頓です …

no image

収まりきらないモノたちは外にはみ出してあふれちらかるだけ

知人は、衣類は3枚しか持っていません。それだけあれば十分なのだそう。着古して処分したら、新しい衣類を購入する、というサイクルをキープして、衣類をスッキリさせています。しかし一般的に、衣類は持ちすぎる傾 …