雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

タイル、浴室などの日常の手入れ方法

投稿日:

浴室・タイルなどの日常の手入れ方法を紹介します。浴室に窓がなく入浴後湯気がこもる場合は、シャワーで冷たい水を浴室全体にかけておくとよいでしょう。壁のタイルは、浴室用洗剤をスポンジに付けでふき取ります。目地のカビも、発生直後なら塩素系カビ取り剤で落とすことができます。入浴後の換気と洗い流しをこまめに行います。あまり強くこすり過ぎると目地を傷めてしまいますから、注意してください。

落ちないようなら目地を取り替えます。掃除が終わった後は、水気をきれいにふき取っておくことも大切です。浴室用洗剤と塩素系カビ取り剤は、混・ざると有毒な塩素ガスを発生するので、扱いには要注意。排水口にたまった髪の毛や石けんかすなども、こまめに取り除くように心がけましょう。また、浴室の椅子などの小物は時々日光消毒しましょう。できるだけバスマットや小物などをどけてから、掃除を行うようにします。

トイレの床をクッションフロアに

トイレの床をクッションフロアにしてみてはどうでしょうか。まず、便器より大きな厚紙を用意し、やや大きめに便器サイズの穴をあけ、便器のまわりにはめ込みます。厚紙と便器との間のすき間に、小さな紙をテープで張って、穴の大きさが便器にぴったり合うようにします。型取りが終わったら、厚紙を中央で切って外します。次に床の寸法をメジャーで正確に測ります。この寸法より多めにクッションフロアを購入し、寸法通りにカッターで切ります。

型取りした厚紙を便器の位置に正しく置き、テープで止め、ずれないよう注意して水性ペンで型を写します。写した部分をカッターで切り取り、直線の切り込みを入れます。トイレの床に両面テープを張り、クッションフロアを敷き込んでみます。合うようなら、テープの紙をはがしながら敷き込んでいきます。最後に、便器とクッションフロアのすき間にシリコン系の充てん剤を埋め込みます。普通の部屋と違い、中央に便器がありますから、これをよけて張ることがポイントです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

部屋の色を効果的に変える

・部屋の色はこうする アパートやマンションなど、隣どうしで間取りも同じ、広さも同じはずなのに、なんとなく広く見える家と狭く見える家とがある。これは色の使い方に大きな差があるということ。カーテンが黄色で …

no image

自転車のさび落としに使えるある驚きのアイテムとは!?

・自転車のさびを落とす意外なもの 日頃から汚れをこまめに取り、濡れたらそのつど水分をふき取るなど、至れり尽くせりのメンテナンスをしないと、いつの間にかさびだらけの自転車になる。大事に乗っているつもりで …

no image

調理器具を整理する際のポイント

調理器具を火ロの数に合わせて絞り込む料理は、材料の下ごしらえ→調理→盛りつけの順序で進めていきますが、なべやフライパンを使用するのは、だいたい調理のとき。煮たり、焼いたり、蒸したり、ゆでたりと、調理方 …

no image

ブロック塀の補修はモルタルで行う

・ブロック堀の補修はモルタルで ブロック堀の一部が欠けたときは、モルタルを作り、穴とそのまわりを湿らせてからモルタルを埋め込みます。頑丈なブロック堀ですが、案外もろく破損することがあります。こんなとき …

no image

着回しのきかない服こそ捨てられる

・着回しのきかない服こそ捨てられる 意外に見落とされるのが高級品。捨てる服選びをするとき、人それぞれに基準があるとは思うが、とにかく死蔵品は候補の一番手。もったいないという思いが先に立つからだろうが、 …