雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

体温が低い場合の対処法

投稿日:

女性には低体温症が多くみられ、平熱が三六度に届かない方もいます。体温が低いということは、同時に筋肉や骨も監で、スタミナに乏しく、慢性的に疲れやすさやだるさが生じる状態であるといえます。免疫力も低いので、ケガをしても治りにくく、風邪やさまざまな感染症にかかりやすくなります。体の熱はアグニそのもの。ですから、体温がつねに低い方は、胃腸の消化力を上げて、アグニを強めていくことが必要です。血圧を上げるのもアグニの働きですから低血圧症もよくみられ、とくに上の血圧と呼ばれる、心臓の収縮期の血圧が低い傾向があります。

こういった方は、室温を暖かくコントロールし、できれば朝もエアコンのタイマーをセットして、暖かい状態で目覚めるようにするとよいでしょう。食事については、ニンニクをギーでよく妙めたものを、毎日ひとかけ食べるか、ニンニクを煮た牛乳を飲むとよいでしょう。サラダなどの生野菜やお刺身など、消化しづらいもの、体を冷やすものを口にしないよう気をつけます。朝のお白湯、そして半身浴もぜひ、習慣にしてください。ただしマグロやカツオの赤身に火を通したものを少し食べると、ピッタが上がります。

ニンニクは、ヴァータとピッタを乱しやすいので決して生で食べてはいけないのですが、これらの方法でとると滋養になります。虚弱な方や、産後の肥立ちがよくないお母さんにもすすめられるスタミナ食です。

甘いものを食べるとすぐに吹さ出物ができる

甘いものはカパを増加させますが、とくに砂糖類は、食べるとたちまち胃の中のカパを強め、粘液を増加させる特徴があります。甘いものを食べるとすぐに吹さ出物ができる。この症状は、消化不良のあらわれです。とりわけ胃の中で過剰になったカパは、頭部に症状を起こす性質があります。

胃の粘液は適度に必要ですが、多すぎると消化液の胃酸の働きが鈍り、消化力が低下してアーマができてしまいます。こういうタイプの方は、たまったアーマを浄化し消化力を上げるケアをおこなうとともに、甘いものを食べる頻度や量をすこし減らしたほうがよいでしょう。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

瞑想をすれば引き寄せ、恋愛成就は実現可能

瞑想をすれば引き寄せ、恋愛成就は実現可能となります。 そして、瞑想をすれば引き寄せ、恋愛成就は実現可能となりますが、それとともに恋愛運を上げる一番よい方法は、自分を変えることです。自分をさらに明るく、 …

no image

瞑想では至福のとき(エクスタシー)を体験できます

瞑想の第二段階の至福瞑想になると、とろけるようなエクスタシーを体験できます。たとえば、どんなにお金持ちになったり、名誉を得たり、地位を得たりしても、これほどの快感は得られないだろうと思います。想像する …

no image

セロリが痛風に効果があるとさせる実例

その医学植物学者は痛風に苦しんでいた。足の親指だった。何年間ものあいだ、チェリー・ジュ一スを含めて、さまざまなハーブ療法を試みたけれども効果はなく、結局は処方薬に戻らざるを得なかった。その後、さらに強 …

no image

鎮静作用のあるかのこ草というハーブが凄いらしい

・かのこ草はどのように作用するのか? ドイツのマルブルグにある薬学生物学研究所で行われた研究では、かのこ草の鎮静成分は脳細胞にあるべンゾジアゼピンやバルビツレートと同じ受容体に結びつくことが確認されて …

no image

コレステロール値を下げる食品

彼の七六歳の母のコレステロール値が、グレープフルーツの食物繊維を摂ったところ近年では最低の値になり、一〇〇以下に下がったという。彼は、フロリダ大学医学部の心臓血管の外科医、ドクター・ダニエル・ナオフ。 …