雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

食べても食べてもお腹がすく場合の対処方法

投稿日:

・食べて一時間もしないうちにすくことがある

消化作業には、だいたい三時間かかります。でもこのタイプの方は、まだ胃の中に食べものが残っていて、絶対にお腹などすいていないはずのタイミングで、お腹がすいたように感じます。これはヴァータが増加しているために、ヴァータのもつ軽さ、空虚感が強く感じられ、足りない何かを補充しなくてはと思うのです。食事をして一時間もたっていないのに何だかお腹がすいてきた。

これは、ヴァータが乱れている方に特有の症状で、消化力が不安定になっている証拠です。対処法として手軽なのは、アーユルヴェーダ製品の専門店で、ヴァータをしずめる作用のあるヴァータティーを入手して、こまめに飲むことです。この感覚は錯覚です。こんな場合、衝動的にアイスクリームやケーキなどの甘いものがほしくなりますが、ここで食べてしまうと、間違いなく食べたものは未消化物=アーマになります。温かさ、甘味、水分を補給することで、ヴァータをいくらか下げることができます。

手に入らなかったら、カモミールティーなどやさしい甘味のあるハーブティーがよいでしょう。また、どうしても何か食ベたかったら、これらのお茶にドライフルーツを入れるのがおすすめです。夕方のおやつどきなら、カシューナッツも結構です。デーツ(ナツメヤシの実)やドライイチジク、また酸味が好きな方はドライアプリコットを入れるとよいでしょう。

大人になってからのアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎や花粉症、慢性副鼻腔炎、気管支端息などは、もともと子どもに多く見られる病気です。砂糖を使ったお菓子など、子どもの好きな甘いものもカパを増やしてしまうので、発症につながりやすいです。こういった病気はカパの悪化が基礎原因となって発症するのですが、子どもの頃はだれでも年齢的に、カパが増加しています。
弱った消化力と、誤った食生活が原因です。粘り気がある、油っぽい、甘いという特徴があるので、目安にするとよいでしよう。

大人の場合、カパの悪化がこれらの病気のベースになることは同じですが、心と体のパワーバランス=ドーシャの変化でいえば二五〜五〇歳くらいまではピッタ、それ以降はヴアータが強まるので、カパの悪化は年齢のせいではありません。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

癌は悪いものだとは限らないというある説

白血球の仕事はバイ菌を食い殺すことだけだ、と思われている方が多いと思いますが、白血球が食べるのはバイ菌だけではありません。身体のなかの老廃物も食べてしまうのです。ですから、へビースモーカーの人はノン・ …

no image

感謝の気持ちを持つことなど健康のためにしたいこと

・靴の中敷きで体を焼正する 全般的な健康促進と、足・関節・腰の痛みを取り除くのに役立つ。 ・レンジ・オブ・モーション・マシンを使う 非常に高価だがとてもお勧めだ。三十分間のエアロビクス、四十五分間のス …

no image

消化の良い食べ物しょうがの驚くべき力

しょうがは、ドイツでは政府当局のコミッションEによって、乗物酔いと消化不良の薬として承認されている。そして、しょうがの乾燥粉末が年間に四〇万カプセル売れている。 しょうがは消化を助け吐き気を和らげるこ …

no image

薬や手術の成績を上回ったのこぎりやしの研究結果

のこぎりやしについては、臨床医のあいだで科学的な是認と信望を得るに値するだけの十分な研究がなされており、それでヨーロッパでは前立腺肥大治療薬のべスト・セラーになっている。二〇あまりの臨床試験でこのハー …

no image

瞑想は頭の中を空にしたい時やさわやかになりたいときに良い

瞑想でしていることは、単にアタマの机の上のメモ用紙の片づけです。アタマがさわやかになり、のびのびとリラックスできます。すると、アタマの考えるスペースに余裕が出てきます。緊張が取れてきます。すると、さら …