雑学

食べ物はなぜ気管に入らないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ココアの持つ意外な健康効果とは?

食べ物はなぜ気管に入らないのか

食べ物はなぜ気管に入らないのかご存知だろうか。人間以外の哺乳類では、喉頭の軟骨は喉頭のなかに高く飛びだし、鼻腔の後ろにはまりこんでいる。これはつまり、鼻から入ってくる空気は喉頭を通り、口から入った食べ物は喉頭から食道へというように、はっきりとわかれて取り入れられる仕組みになっているからである。ところが人間の喉頭は低く、喉頭の中でわずかに飛びだしているにすぎない。

どうして人間だけが、ほかの哺乳類と異なる作りになっているのかというと、人間はさまざまな発声をするからだ。人間の喉頭には食物だけでなく、呼吸と発声のための空気もとおきなければならないのだ。もし、食物が気管に入ると、ときには死に至ることもあるほど危険である。ではどうやって咽頭から喉頭へ、喉頭から食道へと、空気と食物は振りわけられるのだろうか。その秘密は、人間の喉の仕組みにある。

口の奥にあるノドチンコは、水や食物を飲みこむ時には咽頭の背側にはりついて食道への道を確保し、同時に食べ物が鼻に入らないようにしている。また、喉頭の入り口には喉頭蓋という弁があり、水や食物を飲みこむときには、この喉頭蓋が後ろに倒されて喉頭の上部をふさぎ、水や食物が気管に入っていかないようにしている。逆に、空気を吸ったり吐いたりする時は、口蓋垂が垂れ下がると同時に喉頭蓋が上にあがって舌にくっつき、気管への道を確保する。このように、人間の喉には高度なメカニズムが存在しているのである。

喉(のど)仏のあたりで、空気は気管へ、食べ物は食道へと分かれていきます。喉頭蓋という器官が弁の役目をし、食べ物が気管に入らないようにしている。

ただ、ご飯とかを食べていると気管にご飯粒が入ってしまったり、お茶漬けとかを食べているとき、々ラーメンの麺も気管に入ることはある。

放っておくと少なからず誤嚥性肺炎になることもあるようだ。だからと言ってあまり急ぐこともないのだが。食べ物によっては気管支内で溶けて吸収されることもあれば、咳して気管支から外に出ることもあるそうだ。

人間の骨は鋼鉄よりも丈夫

我々の体を支えてくれてくれている骨は、一体どれぐらい頑丈なのだろうか。物質の強度を示す尺度の一つに、弾性率というものがある。物に引っ張る力を加えたとき、ある程度までは力の大きさに比例して伸びるが、この伸びの程度をあらわしたものが、弾性率だ。弾性率が高いほど硬い物質ということになるのである。

骨の弾性率は、同じ断面積の鋼鉄と比べると約一〇分の一だ。さらに強い力で引っ張ると、それ以上力をふやさなくても伸びてしまう、降伏と呼ばれる状態になる。この降伏の状態になるために必要な力は、同じ断面積の場合、人間の骨は鋼鉄の二分の一である。骨のほうが鋼鉄より弱いと思うかもしれないが、骨の比重は鋼鉄の五分の一とかなり軽い。

同じ断面稽ではなく、同じ重さの骨と鋼鉄を比べた場合は、骨のほうが鋼鉄よりずっと頑丈なのだ。また、骨の強さの大きな秘密の一つは、セメント線という緻密な構造によって仕切られていることにある。骨のどこかに亀裂が入っても、セメント線にさえぎられてそこで亀裂が止まりやすいのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加