雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

食べ物当てゲームなどで子供たちと車の中で盛り上がろう

投稿日:

車で子供と長時間ドライブとなったら、子達が夢中になるのは、道路沿いをハイク中に私達を追い越していくクルマの色を当てるゲーム。ほかの色を薦めると、これまたロッキーの山道を走る4駆にはありそうもないきいろを選ぶ。自分の好きな色ピンクで賭け続けるシエラは、負けっばなしでも一向に気にしない。と思うと、古いスクールバス(真っ黄色)の改造車が出現してシエラの大穴独り勝ち、ということもある。

長時間クルマの中にいて、どこか街に近づいたころ、食べ物あてゲームをしてみよう。1人がある食べ物を描写する。親しみのあるテーマだから、小さな子でも問題を出せる。色、大きさ、歯応え、何と一緒に食べるか等。こうして夢見た食べ物を今度いただくときには、ありがたさも倍増というわけだ。難点といえばとてもお腹がすくことと、アウトドア旅行中にはありつけない、手のこんだメニューが無性に恋しくなること。

全部覚えてリピートしなければならない

これを持っておばあちゃまのおうちへゲームは、アルファべットのAで始まるモノから順番に、参加者がリストを完成させていくもの。子どもの記憶力というものはあなどれない。アルファべットがまだだったので、何でもいいから思いついたモノを適当に挙げていく。持っていくモノのリストが長くなっても、ちやんと覚えていてリピートできる。自分の前に言われたモノは全部覚えてリピートしなければならない。

また、キャンプで子ども達に人気なのは、森の中に入って、コンパスを頼りに1人で帰路を見つけるというサバイバルゲーム。トレイルを歩いているときによくやるのは隠れんぼ。1人が先に行き、トレイル沿いのどこかに隠れる。追跡者の目をあざむく忍術ものだ。これは地味な色の服装でないとうまくいかない。ただし物陰に隠れたりはせず、目につく場所に直立静止状態でいるのがルール。親にしてみれば、これらゲームは子ども達を退屈させないための苦肉の策なわけだが、興じる子ども達にはただ楽しい以上の体験なのだろう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山岳保険の種類はたくさんある

一口に山岳保険といっても種類はたくさんあります。保険金は死亡・後遺障害、入院、通院、遭難捜索費用、救援者費用などに支払われます。山登りする人を対象にした保険を山岳保険といい、多くの保険会社で取り扱って …

no image

車の中で子供が泣き止まない-こんな時どうすればいいのか?

我が家の2歳児は、揺り籠、走行中のクルマ、チャイルドキャリア、と多少の振動はものともしない。しかしカヌーでのお昼線だけは苦手で、パスしてしまうか、陸に上がって散歩をしてキャリアの中で寝つくかだ。狭いト …

no image

山で見かける野うさぎたち

ノウサギは、幹の直径が五くらいの若いキリやカキの木の樹皮、サクラの冬芽などが好物である。 顔を斜めにして懸命に認り、ときおり食事を中断して辺りを警戒し、長い耳をビンと立てて見回したに違いない。さらに足 …

no image

キャンプでのロープワーク

キャンプでは、ロープを強く張ってターザン遊び、木と木の間に、人がぶらさがっても、たるんだりゆるんだりしないロープの張り方を覚えよう。これは、いざというときの脱出用ロープとして使える。ビルとビルの間、ま …

no image

山では風により体感温度がグッと下がる

山では風により体感温度がグッと下がる。 一〇m/秒の風であれば、一〇Cも低く感じる。山へ登ると気温が下がる。一〇〇〇mの山であれば、頂上では地上よりも五・五度、気温が低い。これに風が加わるから、山での …