雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ターボエンジンを搭載した新型ソナタ登場

投稿日:

ターボエンジンを搭載した新型ソナタが、市場に発売された。現代自動車は、京畿道坡州ヘイリでソナタターボのメディア試乗行事を行い、今回のモデルの競争力をテストする場を持った。新たに搭載された「シータⅡ2.0ターボGDIエンジン」は、独自の技術で開発された燃料直噴方式とターボチャージャーを使用して、高性能、高燃費、低公害を同時に実現した現代車の次世代主力エンジンである。

特に高圧の燃料を燃焼室に直接噴射して燃焼効率を極大化した燃料直噴方式と排気ガスでタービンを回して圧縮させた空気を燃焼室に送らより多くの燃料が燃焼されるようにしたターボチャージャーを適用して、優れた燃費と排出ガス削減の環境を同時に実現した。ターボソナタは、最高出力271馬力、最大トルク37.2kg.mの動力性能とエンジンの大きさを減らして、6段自動変速機基準に12.8km /ℓの燃費を実現した。

空気吸込力と応答性を向上

これは、既存の2.4 GDI(最高出力201馬力、最大トルク25.5kg.m )モデルと比較して、最高出力は35%、最大トルクは46%が改善された数値である。ターボチャージャーは、燃焼室の排気通路が2つに分かれたツインスクロールターボ方式を適用することにより、各シリンダーの相互排気干渉を最小限に抑えるし、これにより、空気吸込力と応答性を向上させた。一定の圧力以上の圧縮空気が吸入されることを防止する電子式制御システムを介して吸入圧力を正確に調節、エンジンの効率を向上しながらも、排出ガスは減少した。

デザインは、既存のソナタと比べて大幅に異なり、随所に便宜仕様を搭載して洗練美を加えた。外観は新デザインのLEDリアコンビランプと感覚的な18インチのアロイホイールを適用した。室内は、クラス初の「LEDランプ」を適用して耐久性を高め、生地素材のピラートリムでさらに高級感飾った。同等の最初適用された「オート·デポは、システム」は、金書林を事前に検出して、別のボタン操作がなくても、自動的に湿気を取り除く安全なドライビングを提供する。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の維持費の年間にかかる金額はいくら?

同じ価格の中古車の場合、新しめの小型車と古い高級車なら、どっちが得か?排気量が違うと、税金や保険で、なんと2倍以上の差が出る。同じ価格のクルマでも維持費は違う。排気量の大きいほうがお得でしょ、なんて答 …

no image

世界初の自動車は何と200年以上前に作られていた!

その実物は、今日でもパリ市内にあるパリ工芸博物館に展示されていますから、いつでも見ることができますが、世界で最初に機械の力で走った車は、今から二〇〇年以上も昔の一七六九年、フランスの陸軍技術大尉ニコラ …

no image

ゴーン社長就任後の日産の変革

トヨタ追従で大きな失敗をしたのは日産でした。トヨタの後ろ姿を見て走っているうちに自分たちがやるべきことを忘れ、気がついたときには、背中も見えないほど引き離されてしまいました。欧州車に比べて日本車は個性 …

no image

差動装置LSDによる運動性能の向上

デフには大きな泣きどころがありました。それは駆動輪の片輪が浮き上がったり、雪でスリップしてしまうとその時点で自動車が動けなくなってしまうということです。デフは、左右輪にかかるトルク(回転力)を常に等し …

no image

改造車の中古車を買う際に知っておきたい注意点

ここでは買って得するよい改造車と、買ったら後悔する悪い改造車の見分け方を、改造場所ごとに解説しょう。昔は、改造車なんて絶対ダメというのが常識だった。でも最近は、そんなのへン。好みの改造なら、自分でやら …