雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

宗教法人への保険営業の提案

投稿日:

宗教法人、在来系仏教寺院への生命保険提案は、どのように行えばいいのでしょうか?生命保険営業において、宗教法人への保険営業の提案は重要です。宗教法人には、公益事業(本来の布教など宗教活動)部分が非課税になるという特典がありますから、保険料を宗教法人の経費負担とすれば、損金あるいは実質返戻率といった概念とは無縁です。

破綻した協栄生命の破綻直前の格付けは、スタンダード&プアーズで「BBー」よりも5つ下の「B」でした。確かに「AAA」の生命保険会社で契約すれば非常に安心ですが、保険金・給付金の支払いという保険本来の機能からして、「BBBー」の会社と契約することは絶対に避けるベきだ、などというアドバイスは意味をなしません。

銀行、証券、生損保などの格付けは、各格付け会社のホームページで確認できるほか、「日経マネー」では毎号、巻末の資料編に一覧表として掲載されています。銀行、証券、生損保などの格付けは、スマホなどから、簡単に確認することができます。

勇退退職金積立を主目的とするならば、単純に勇退予定時の解約返戻金が最も高くなる保険種類を選択すればよいのです。利回り重視ということでは個人年金や養老保険が考えられますが、勇退退職だけではなく、在職中の死亡退職金確保、寺葬費用の確保という点も忘れてはなりません。

在来系仏教寺院の住職が在職中に亡くなった場合

信徒の減少に頭を悩ませる寺院にとって、寺葬にあたって檀家からのまとまった浄財を期待するのは、現実問題として厳しいものがあります。格式ある寺葬の経費を賄うという点にも配慮して、終身保険あるいは100歳定期保険などの長期平準定期保険での提案が適しています。

在来系仏教寺院の住職が在職中に亡くなった場合には、本山から高僧を招いた寺葬が執り行われます。寺葬の経費はお寺で負担し、香典は遺族にそのまま渡されるのが一般的です。

低解約返庚金型D終身保險·定期保険の解約返戻金が払込保険料累計を大きく上回りますし、保険金額も十分に確保できますから、こちらを提案商品の一つに加えるのもよいでしょう。このようなことを事前知識として入れておくと役に立ちます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

ネット生命保険のデメリット-メリットばかりではないことを知ろう

ネット生命保険のデメリット-メリットばかりではないことを知ろう。 ネット保険は原則として掛け捨て保険で、しかも更新型である。掛け捨て保険は、一生涯の保障には向かないし、目先の保険料が安くても、とても不 …

no image

医療保険は必要か?一生涯(終身)続くものが理想的

人間、死ぬのは一度だけだが、病気やケガは何回するか分からない。もし、あなたの医療保険が、死亡保険に特約として付いているものだけなら、一日も早い見直し(現在の特約を解約して、条件を守って新規に単独の医療 …

no image

責任準備金とは?義務化された積立て、法律で義務づけられたもの

~責任準備金とは何か?契約者への将来の支払いのため、義務化された積立て、法律で義務づけられたもの~ 責任準備金をどのくらい積み立ててプールすればよいかは、保険への加入者の年齢・性別・加入する保険の種類 …

no image

貯蓄と保障は別々のものと考えるほうが得策

保険には、老後の資金となる個人年金保険、満期にお金が戻ってくる養老保険など貯蓄機能の高い保険種類もあります。しかし、原則として貯蓄と保障は、別々のものと考えるほうが得策です。 保険は解約しにくいからと …

no image

保険会社の経営方針の見直しを当面で終わらせてはいけません

不払い問題が沈静化した後、従来の販売手法が、少し目先を変えただけで再び通用するようになってしまっては、悪い歴史を繰り返すだけです。お客様は、今こそ賢くなるべきなのです。保険会社も、さすがに契約高の減少 …