雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

宗教法人生命保険にメリットなどはあるのか

投稿日:

高額契約者のターゲットとなる宗教法人生命保険で高額契約者というと、中小企業、医師、不動産所有者が挙げられ、ライフプランナーや保険代理店も積極的に訪問しています。

ところが、同じ高額契約者である宗教法人への提案活動は意外なほど行われておりません。やはり宗教法人はアプローチしにくいイメージがあるようです。しかし、宗教法人は、そういったイメージがある分、ライバルが少ないとも言えます。

生命保険で高額契約者というと、中小企業、医師、不動産所有者が挙げられ、ライフプランナーや生保代理店も積極的。に訪問しています。ところが、同じ高額契約者である宗教法人への提案活動は意外なほど行われておりません。やはり宗教法人は取っつきにくいイメージがあるようです。

一口に宗教法人と言っても、仏教系、神道系(神社など)、キリスト教系、新宗教と様々な種類があります。このうち、新宗教とは、第二次世界大戦以後に興隆した宗教法人を一般的にそう呼称しており、仏教系から諸宗教に属するものまで幅広くあります。新宗教系教団では通常、お布施・献金といった信者さんからの浄財が教団本部にて一括管理・運用されていますから、教団本部への提案が必要になります。

適格退職年金契約をしている中小企業の事業主

適格退職年金契約をしている中小企業の事業主が新たに中退共制度に加入した場合、適格退職年金契約の受益者等の持分額以内の金額を勤労者退職金共済機構に移管することができます。移管できる持分は、2005年(平成17年)3月31日までは掛金の120カ月分が限度とされていましたが、法改正により2005年4月1日以降はその限度額が撤廃されています。

2002年(平成14年)4月1日から施行された確定給付型企業年金法では、適格退職年金については2002年4月1日からは新たな契約は認められず、既存のものは2012年(平成24年)3月31日までに中退共など他の企業年金制度に移行させることになっています。これに伴い、中退共制度の一部も改正されています。

引き継ぐ際には以下の点に注意します。・中退共制度の過去勤務期間通算制度は利用できない・新規加入助成は受けられない・引継後の退職金の額は、中退共制度における納付月数(引き継いだ月数に加入後の納付月数を加えた月数)が少ない場合は、引渡金額または引渡金額と中退共制度加入後の掛け金総額の合計額より下回ることがある。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

超長期定期保険はたして安心して加入できる保険なのだろうか?

税理士の団体と特定の生命保険会社が代理店契約を結んでいることもあるのか、税理士によっては勧める保険がその会社が一番売りたい保険商品になってしまう場合がある。つまり、税理士は必ずしも依頼者の味方ではない …

no image

お祝い金やボーナスつきの保険に入って喜んでいる保険のプロはいない

「お祝い金」や「ボーナス」つきの保険に入って喜んでいる同業者には、会ったことがありません、と語るある保険の専門家。本当に、「どこがお祝いなのか?」と言いたくなる商品であることに気づいていないのは、お客 …

no image

生命保険の歴史-元来の姿はモノの保障だった

保険の元来の姿は、モノの保障で、もともとは船積み荷物が略奪されたときのためでした。 船で出かけるしかなかった時代の海外貿易の荷。無事に帰って来られるという保証はない。一か八かの賭けです。これに目をつけ …

no image

積立利率変動型終身保険を利用するとかなり有利

積立利率変動型終身保険のような貯蓄性も高い保険では、損金算入ではなく資産計上となる。利変終身保険は損金での処理とならないのでとてもソンをすると思うであろう。 しかし積立利率変動型終身保険のような貯蓄性 …

no image

保険受取人指定をする-何人でも指定することができる

・保険金の受取方法を決める 一般に、いくら加入するか、その保険料は払えるかなどということについては慎重に考えますが、一度に全部受け取るか、年金式にもらうかについてはあまり深く考えずに、なんとなく一括受 …