雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

宗教法人を株式会社に見立てて考えてみる

投稿日:

在来仏教系寺院の概要を見てみましょう。小規模な宗教法人では、住職・裏方(住職夫人)・子息・檀家総代で構成するのが一般的です。そして、責任社員のうちから代表責任社員を選定します。株式会社の社長にあたり、普段は「住職」と呼ばれています。

檀家は規定の檀家名簿に記載されており、檀家総代会を組織しているのが一般的です。信徒は信徒名簿に記載されていますが、区分せずに槽信徒と呼称することが多いようです。責任役員とは、株式会社の取締役に該当します。これは3人以上を定めることになっており、任期が定められます。

宗教法人への生命保険提案は、比較的難しいとされていますが、宗教法人への生命保険提案は、勇退退職金および死亡退職金の準備が中心となります。宗教法人本来の公益事業に対しては非課税ですから、終身保険でも定期保険の短期払込でも、解約返戻金が大きくなるプランを設計・提案すれば足ります。

役員勇退退職金の支払い決定などの重要事項も、この責任役員会が実質的に決めているようです。支給規程は、株式会社の規程と大きな違いはありません。退職慰労金額の算出も株式会社の場合とほぼ同じです。

住職の退職金規程

責任代表社員であるご住職の退職金規程は、株式会社における役員退職金規程に準じた流れとなりますから、「代表役員退職慰労金(弓慰金)支給規程」を責任役員会で規定しておきます。小規模な宗教法人では、責任役員会は住職およびその家族と檀家総代で構成されていますので、規程の制定は比較的容易です。

なお、収益事業を営んでいる場合には、収益事業と公益事業に分けて経理します。収益事業については課税されますが、法人税も通常の30%が22%に軽減されているうえ、寄付金の損金算入限度にも特例が設けられるなど優遇されています。

また、収益事業を営んでいるときは、これに応じて支払い保険料も、給与、従事時間など合理的な方法により按分(区分)することになります。この場合には、保険料の按分など経理処理について税理士と事前に相談しておくとよいでしょう。定期保険料がある場合には、損金として法人税を引き下げる効果がありますので、よく覚えておきましょう。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険業法は昭和十四年に大きな改正が行われて以来の法律

保険業法は昭和十四年に大きな改正が行われて以来の法律ですが、これについては時代の変化に対応する改正の必要性や内容について大蔵大臣の諮問機関である保険審議会で審議が行われ、平成四年六月に相互会社が株式会 …

no image

ユニバーサル型保険の特徴-金融商品の利用コストとの比較が可能

ユニバーサル保険は、払い込む保険料が、どういう理由でいくらずつ振り分けられるのかといった情報がすべてわかります。当然、一般の金融商品の利用コストとの比較もできます。逆に言えば、ユニバーサルという名称を …

no image

住職の生命保険

宗教法人として、死亡退職金が十分支払われるような死亡退職金規程が整備されていない場合、残された家族の生活が不安です。ご住職も個人で生命保険に加入していますが、その金額は通常一般家庭並みで、特段高額な契 …

no image

保険の存在意義はどこにあるのか?

確かに保険は役に立ちます。保険の存在意義はしっかり認識しているつもりです。30代半ばで心筋梗塞で仕事ができなくなった会社員の方の親御さんに、診断一時金として500万円が支払われることになった時、本当に …

no image

アメリカンファミリーのがん保険など

がんに対する保障に特化した保険としてがん保険があります。また、がんとは直接関係ありませんが、年老いてからの器質的痴呆(いわゆる老人ボケ)のため、一人で日常生活を送ることができなくなり、介護が必要となっ …