雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

狩猟犬の訓練に最適な環境とは?

投稿日:

狩猟犬の訓練には、鳥が集まる場所は避けたほうがいい。ひらひらする服装、風にゆれるロング・スカート、スカーフ、タイ、飾りなども避けたい。ある服従訓練競技会で、新顔のアイリッシュ・セターが、リングサイドの観客がかぶっていた羽根飾りのついた帽子を見つめて、典型的な狩りのポジションを取り、石のように動かなくなったのを見たことがある。

服従訓練競技の最中に、その前日までかなり良い成績をあげていた一頭のスプリンガー・スパニエルが、鳥の姿と匂いに気づいた。一度、屋内の服従訓練競技で、キジが競技会のおこなわれている場所に迷いこんだことがあった。この鳥の習性として人間や犬に捕まりたくないので、キジは競技場の上に張り出した聖天の上にとまった。犬の注意はたちまちハンドラーから離れ、ハンドラーは歩行演習の最中に鳥を見つめたまま急に凍りついたように動かなくなった犬に、危うくつまずきそうになった。

屋内が訓練には適している

鳥の羽根、ひらひらするもの、あるいは風に吹き飛ばされた新聞紙なども、この犬種には同じ効果を与える。というわけで、ゴミなどが散乱していない野外や庭、あるいは屋内が訓練には適している。番犬タイプの犬は、牧畜羊犬とは正反対に周囲の音に敏感である。大人や子どもが走りそうな場所も、避けたほうがいい。逃げる人間を見ると、これらの犬の追跡・攻撃反応が呼び覚まされるからである。大きな音や断続的な音が聞こえると、これらの犬は気をとられ、どんな訓練も受けつけなくなる。

アルバート・アインシュタインといえば、おそらく誰もが天才の代名詞のように思うだろう。彼の顔はTシャッにプリントされ、漫画では天才というと、きまってアインシュタインのようにぼさぼさの長い髪をふり乱した科学者が登場する。実際、頭の良い人をアインシュタイン、と呼ぶこともある。しかし、アルバート・アインシュタインも学校に行かず、読み書きも数学の基礎も習わなかったとしたら、後世に残る偉大な発見はなし遂げられなかったであろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の威嚇やポーズの持つ意味

進化論をとる生物学者は、オオカミの白い毛は、尾による合図をさらに明確化するためだとも考えている。オオカミの中には尾の先が黒くなっているものもいる。これは、尾の位置と動きが見えやすくなる機能をはたしてい …

no image

チンパンジーの言語能力を検証する様々な実験

ガードナー夫妻はチンパンジーに聴覚障害者のための米国手話言語(ASL)を教えることにした。ASLでは声ではなく手の動作が使われ、チンパンジーは手や指を器用に使いこなすことができる。ヤーキーズ研究室のス …

no image

犬のしつけなどの合図について

犬の研究で名高い心理学者で、メイン州マウント・デザート・アイランドのハミルトン・ステーション動物行動学研究所の所長J・ポール・スコットは、犬は学習によって人間の話し言葉を一〇〇種類以上識別できるように …

no image

室内での機能とスペースを重視したペット家具

あるペットショップでは、持続可能な地球の未来の社会的課題を事業的手法により解決することをめざした建築業界の企業集団。そして、ペット癒し計画は建築士、インテリアデザイナー、エコリフォームマスターなどの有 …

no image

犬の行動の特徴-おとなしさ、従順さ、子犬的な依頼心

家犬の行動の特徴には、従順さがある。幼態化のひとつの表れとして、犬の行動は子犬的になる。野生の世界では、若いイス科の動物はまず群れの最も小さく弱いメンバーに戦いを挑み、次第に支配権を奪ってゆく。子犬は …