雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

主任教授とは-問題になることでも起こさない限りクビにならない

投稿日:2014年11月19日 更新日:

一度主任教授になれば、増収賄とか、民事で問題になるような女性問題でも起こさない限り、辞職はまずあり得ない。つまり、まったく仕事をしなくても辞職に追い込まれることはけっしてないらしい。何もしないことがある意味では、定年まで主任教授を務める安全な策となってしまう。誤解を招かないように言っておくが、全国の医学部教授がすべてそんなに怠慢で、何もしていないというのではない。そういう教授もいるという噂だ。

会社であれば大きな問題が起きたとき、社長であろうと、責任をとって辞任というのは、けっしてめずらしいことではないが、干渉されないという意味では、医局は完全なオーナー会社といってもいいかもしれない。学会のボス的存在で、かなり有名な教授であっても、教授になってからの実質的な研究はほとんどないことが多い。

主任教授とは、これだけの権利、責任を持ちながら、何もしないでも、誰からも非難も評価も受けないという実に奇妙な役職なのだ。医学部主任教授は管理職の意味合いが強くなることもその理由である。

名前があることでクリアできている

教授も研究者として、文部省から論文の数などのチェックを受けることがあるが、主任教授は共同研究者として、名前があることでクリアできている。医局員に研究をやらせるのが、教授という存在であるという考えもあるだろうが、その指導能力のない教授すら存在するようだ。

新設私立医大の主任教授の仕事は、初期の頃は卒業生をいかに医師国家試験に合格させるかで、すべてが終わっていた。全国的に医師国家試験合格率に差がなくなったとき、今度は研究者としての技量が必要になったが、それは問われずに、二代目の教授に引き継がれてしまった。大学病院改革で重要なことの一つは、主任教授をどのように評価していくかである。

病院内の問題、教育などで、かなりの時間を消費し、なかなか自分の研究ができなくなってしまう。しかし、自ら研究をしなくても、論文が作れるのは、助教授以下が研究を行ない、共同研究者として名前を論文に載せたり、ときにはゴーストで部下が書いたりするからである。それによって教授の体面を保っていることも多いらしい。

主任教授は医局、病棟主任、研究、講座の医学教育の最高責任者である。それらを的確に評価する機関があるべきで、それも大学の外部になければならないだろう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者の言葉で「しばらく経過を見ましょう」には注意が必要

かかっている医者が、診断がきちんとできる医者か、単なる自信のない医者なのか見分けるためにも、しばらく経過を、といわれたときには、その理由を聞いたほうがいいでしょう。そして、それが納得いかない説明であれ …

no image

医者が高収入だと思っていたら・・

2人は高校の同級生。同窓会の二次会に遅れてやって来た彼と、9年ぶりに再会してから恋が燃え上がった。OLのM子さんの彼氏は学病院の医師である。といっても研修2年目の新米医師だ。みんなの想像しているのとぜ …

no image

暴力を振るった時の記憶がなくなることがある

犯行のあとで、本当に何もなかったように思えてくるというケースがある。心理的に耐え難い出来事が起こった時に、記憶として抑圧することで、本当に何もなかったように思えてくることがあるという。 記憶として抑圧 …

no image

医者からもらった薬たまっていませんか?

患者さんのドクターショッピング(あちこちの医療機関や診療科を転々とすること)によって、自分の飲み薬が途方もなく増えてしまい、飲むべき薬がグチャグチャになってしまった例をあげてみましよう。 たとえば、こ …

no image

不定愁訴になりえる体温の低さ

インフルエンザが流行ると真っ先にかかってしまう、お腹を壊しやすい、風邪をひきやすい、そんな方はたいがい体温が低めです。 今すぐあなたご自身の体温を測ってみてください、体温計があるならば。アトピー性皮膚 …