雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

趣味は献血ですというある男性のお話し

投稿日:2015年4月10日 更新日:

会社員のNさんの趣味は献血である。いやあ、これがねえ。いいんですよ。同じマンションに住むOさんも、それを聞いて驚いた。献血、ですかあ?献血?よっぼど血の気が多くて?一度やったらやめられない。そうだ、今度ぜひご一緒しませんか?次の週の日曜日、Nさんに連れられてやって来たのは、ある大学病院付属の献血センター。半信半疑のOさん、まず入ってビックリ。

これまで、輸血といえば、血液全体を静脈内に注射するのが普通だったが、最近はそれを赤血球、白血球、血奨などの成分に分離し、必要に応じて輸血するようになってきた。それにより血液を提供する人、供血者も、それまで血液全体を200ないし4008採血していたのが、成分ごとに採血するようになったのである。この献血センターでは成分献血、を行っている。ベッドというより寝心地のよい長椅子といった感じだ。明るくて広々としたフロアに、ゆったりと数台のベッドが並んでいる。ここに寝そべって採血をする。

おみやげにボールペンとノート

2時間ほど採血し、おみやげにボールペンとノートをもらって献血センターを出た。成分分離装置という器具を使用し、需要の多い成分だけ献血して、あとの成分は再び体内に戻すという方法であるが、ただし、採血も返血もゆっくり行うので時間がかかる。そこで、こういった設備の献血センターが登場したわけだ。

ついウトウトとまどろんでしまった。なんかここへ来ると身体も軽くなったような気がするんですよねOさんも同感である。Nさんは自慢げに、どうです、けっこういい気分でしょう。ベッドに寝そべり、テレビは見放題、そのうえジュースは飲み放題。2LDKのマンション住まいで、女房子どもに騒がれ、休日の居場所もないサラリーマンの、ここはリッチな憩いの場なのかもしれない。さて、翌月曜日、駅前に停った献血車を横目で見ながら、すっかり成分献血にハマッてしまった自分に気づくOさんだった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

いい医者とよくない医者を見分けるコツや注意点

もし、聞かれもしないのに、自分の方から二流大学病院に勤務していたんだと言う医者がいたら、ヤブ医者だと思った方がいい。医療法には、病院や診療所の看板に書いていいこととダメなことが決まっている。なぜなら、 …

no image

医学博士取得にこだわる理由と肩書きへの敬意

医学博士号の審査のシステムに欠陥があることはいうまでもないという。研究論文として本当に優れたものを書いて研究者に与えるものであるなら、医学博士も意味があろうが、現状では論文の内容にはほとんど意味がない …

no image

インフルエンザと抗原特異的な獲得免疫機構

インフルエンザウイルス感染にともなって起こる、抗原特異的な獲得免疫機構が幾重にも重なり、あなたの体を守ってくれています。 生体の防御機構である非特異的自然免疫機構が、あなたの体を守っています。上気道へ …

no image

フィトケミカルと食物繊維のがん予防の効果

あなたは、フィトケミカルという言葉をご存知ですか?ファイトケミカルとも呼ぶこの成分は、体に良い効果を与えてくれます。 フィトケミカルには、体熱生産作用、免疫向上、抗酸化作用や抗がん作用などのものすごい …

no image

病気を自己診断しないで医師の判断を仰ぎましょう

受診するまでに、すでに自分で病名をつけてくる患者さんって案外いっぱいるようです。たとえばカゼをひきましたとか、貧血なんです、なんて、本人がいうと信じてしまいがちだけど、もしかすると、カゼではなくて結核 …