雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

保管するものは縮小コピーを利用するとよい

投稿日:

・保管するものは縮小コピーを利用

クラスの連絡網や年間行事予定などは、最低でもその年度中は保管しておかなければならないだろう。子供が、学校でもらうプリント類は学期ごとに処分するといいが、1年以上保管しなければならないものもなかにはある。こういう場合、バラバラのプリント類をそのままとっておくよりも、自分の扱いやすい大きさにそろえて保管しておくのが賢い。たとえば、小学校の刷り物でいえば、大きさはB4サイズがほとんどだ。だがそのままでは大きすぎてかさばるので、B5サイズに縮小コピーして、手持ちのノートに貼っておく。こうしておけば、いつでもひと目で参照できる。

子供が複数いる家ではこうエ夫する

プリント類は、子供別のファイルをつくって、そのなかにすべてとじ込んでおくといい。幼稚園や学校のスケジュール表、連絡プリントなどは、いくら目につくからとはいっても冷蔵庫にベタベタ貼ると見栄えもよくないし、重なって見えにくくなることもあって、おすすめできない。このファイルだと、ダイニングのよく目につくところに置いてあっても見た目もきれいだし、必要なときにはサッと見ることができる。新しいプリントをもらったら、古いのと入れ替えるという整理も、これでラクにできる。

プリント類の捨て時はいつ?

相手が学校であるだけに、もしかした後で必要になるかもしれないと思い、つい保管してしまう人も多いだろうが、これはよくない。子供が学校に入学すると、とたんに学校側からいろいろな種類のプリント類をもらってくるようになる。これがいつまでも捨てられず処分に悩む。実際には学校からのお知らせは、行事などの事前連絡が大半なので、とっておく必要はほとんどない。一学期ごとに捨ててしまおう。ふだんは手ごろな箱を用意して子供の名前を書き込んでおき、子供がもち帰ったらそこに入れておく。そして、学期の終わりにはかならず整理して、必要のないプリントを処分しよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

包丁などの刃物専用の引き出しを作っておくと安心

・刃物、専用引き出しを作っておくと安心 引き出しのなかにレードル類と一緒にスライサーやおろし器を入れていて、ほかのものを取り出そうとして手を傷つけてしまうことがある。シンク下の扉の裏には、たいてい包丁 …

no image

あなたが自分に合った物とのつき合い方を知るためのポイント

人の暮らしは、年齢を重ねるとともに変化していくものです。たとえば、青年期には経済力も知識も乏しいけれど、健康や体力には不安がありません。家庭をもつ壮年期には、経済力、気力、体力、知識ともに充実。中高年 …

no image

ロールカーテンの取り付け方法

ロールカーテンの魅力の一つは、その絵柄がゆがんだりすることなく見られる点。また、スクリーンの上げ下ろしの速さを調節できるものや、スクリーンのみを取り替えられるものもあります。ブラインドやロールカーテン …

no image

冷蔵庫整理にかかる労力は冷蔵庫の大きさに比例

あなたは、冷蔵庫で食品を腐らせていませんか。あるいは、いつも冷蔵庫を開けて、探し物をしていませんか。もし、いつもそうしたことをしているとすれば、食品の量が多すぎるのです。庫内整理の第一歩は、庫内の食品 …

no image

超使える!お盆の収納の賢いやり方

お盆を上手に収納するには、どうすればいいか。お盆は専用スペースを作って立てて収納すると、いつでもお盆を取り出しやすくすっきりしまえる。お盆や寿司桶などの平らで面積のあるものの収納は難しい。何枚かのお盆 …