雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

障子紙の張り方や簡単に剥がせるコツ

投稿日:

最近では障子の核の間隔(小間寸法)が次第に大きくなる傾向がありますし、変形寸法のものもでてきました。そこで一枚の障子を一枚の紙ではってしまうという、一枚ばりの障子紙というのが市販されるようになりました。この方法だと障子は狂いません。古い障子紙をはがすのには、ぬるま湯に住まいの洗剤を入れ、スポンジでノリの部分を湿します。一枚を湿し終わったら、次の一枚に移りますが、これが終わったところで、最初の一枚目の障子のノリのゆるみ具合を確かめて下さい。

白い色をしているなら、ノリは溶けていないわけですから、さらにスポンジで湿します。桟のないところの紙は透き通るようになっていますが、ノリの部分がこれと同じようになっていれば、完全にノリはゆるんでいます。はがし終わったなら、スポンジにつけたぬるま湯を使い、ぞうきんで障子をよくふきとり、日に当てないように、風通しのいいところで乾かします。ノリが完全にゆるんだなら、端を少しはがし、サランラップの悪などに、巻きとるようにしながらはがしていきます。これなら小間寸法を気にすることもなくなったわけです。

一枚ばりの障子紙

まず紙を障子に当てて少し広げ、紙が曲がっていかないように、きちんとあわせてみます。専用のノリバケで、ノリがはみ出さないように。端をセロハンテープなどで固定し、元のように巻きとってから、周囲のかまちや核(骨)などにノリをつけます。市販のノリを使うときは水で六~七倍にうすめ、おもゆ程度にして使います。一枚ばりの障子紙はノリをつけ忘れたところがあると、あとでノリをつけることができませんから、ノリをつけ終わったときは、よく注意して下さい。

一度に水を入れずに、少し水を入れ、ノリバケでノリの山を端からのばすようにしながら、次第にうすくしていくのがいいでしょう。紙を障子の上にのせ、矢印のようにころがしながらはっていくのですが、このときころがす方向に、少し引っばる感じにします。ノリの部分を指で軽くなぜて、紙を密着させるのは、ふつうの障子紙と同じです。定規を当てて、紙が破れないように、カッターをなるべく寝かせて切ります。最後に余分の紙を切りとるのですが、障子には、手で探ってみると、少し低くなっている紙じゃくりがあるのですが、ここで切ることになります。これが一枚ばりの障子紙のはり方です。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

はたきの手入れなど

・はたきも手入れを 押し入れの掃除は、ふすまを外し、中の物を出してから行います。掃除機をかけてから、住居用洗剤て汚れを取って、からぶきし、完全に乾くまでは、中に物を入れないようにしましょう。この間に、 …

no image

おもちゃ箱の下にキャスターをつける

・おもちゃ箱の下にキャスターをつける 子どもが自分で取り出して存分に遊び、自分で片づけることができる収納場所を考えることは、子どもの教育にとって大切なこと。子ども部屋を散らかす一番の原因は、なんといっ …

no image

子どもの作品はこうして保存する

・子どもの作品はこうして保存する わが家の天才画家や芸術家の作品をどうやって保存すればいいものか、頭を痛めている人は多いことだろう。捨てるに捨てられず、でも保存しておくのも大変というのが、子どもが描い …

no image

ポーチのタイルがはってある部分の掃除やきれいにしておく方法

・きれいにしておくいい方法を教えて下さい。ポーチにチョコレート色でつやのあるタイルがはってあります。水洗いしても、乾いたぞうきんでふきとらなければなりません。 タイル面を少し洗剤を使ってきれいに水洗い …

no image

洋服の整理・収納

子どものころからの習慣で、衣類はよそゆき、ふだん着、家庭着などと分けてしまいます。これがかえって、整理を難しくするのです。こんなことなら、ランクづけをやめればよいのに、習慣とは恐ろしいもので、なぜかや …