雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

障子の種類や補修のやり方

投稿日:

・アイロンタイプ

ロールを少し転がして張る位置を決め、様の1か所をアイロンで固定します。シワが残ったときは水を軽く吹いておきます。曲がらないように障子紙を広げ、まず四隅を固定します。余分な障子紙を切り取った後、桟の交点、障子の周囲の順に固定して完成。

・一枚張り

ノリ付けは、障子張り用のノリをたれない程度に水で薄め、ハケで様に塗っていきます。ハケは軽くたたくように使うとノリが余計なところに付きません。ゆっくりと障子紙を様の上に転がして、張っていきます。新聞紙を敷き、障子の裏を上にして寝かせます。障子紙の一方を核にテープで仮止めし、50cmほど転がしてみて障子とぴったり合わせ、仮止めしてあった障子紙の中央と両端をテープで固定します。障子紙はいったん巻き戻して様の外へ出しておきます。張り終わったら、よく切れるカッターで、余った障子紙を切り取ります。カッターはできるだけ寝かせて使います。刃が引っかかるなどして障子紙が破れてしまうと取り返しがつきません。

一枚張りの障子紙

一枚張りの障子紙は、通常は3.6mか、7.2mのロール巻きで売られています。必要本数を計算して、必ずやや多めに購入しておきましょう。今、障子紙は一枚張りのものが主流です。一列ずつ張る美濃判や半紙判よりも簡単に張り替えをすることができます。ノリのいらないアイロンタイプも登場しています。また、紙も、色や模様のバリエーションが増え、レーヨンを混ぜて破にくくしたものや、火事などの際燃えにくくしたものもあります。

・障子をを剥がす

まず、障子を敷居から外し、下に新聞紙などを敷いて裏にして立てかけます。このとき、ホコリなどはきれいに落としておきます。そして、核の部分にノリバケを使って、お湯をたっぶりふくませます。5分程度おくとノリがふやけてくるので、ゆっくり巻き取るようにしてはがしていきます。紙やノリが残ったところは、ぬれぞうきんできれいにふき取っておきます。この後、完全に乾燥するまで日陰に置いておきます。この後で付いたホコリを取る。種類によって張り方が違う

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

狭いベランダは二重干しでバッチリ

・狭いベランダは二重干しでバッチリ ごく普通の洗濯バサミをひもなどでつなぎ合わせれば完成。うちのべランダはとても狭くて、洗濯物を干すスペースが足りないという人におすすめなのが、洗濯バサミを2個つなぎ合 …

no image

ゴミ捨てでプライバシーにかかわるものの捨て方

・プライバシーにかかわるものの捨て方とは? 読み返すと気恥ずかしくなるような学生時代の交換日記。別れた恋人からもらったラブレターの山。自分にとっては一つの記念碑ではあっても、処分しなければならない日は …

no image

超使える!お盆の収納の賢いやり方

お盆を上手に収納するには、どうすればいいか。お盆は専用スペースを作って立てて収納すると、いつでもお盆を取り出しやすくすっきりしまえる。お盆や寿司桶などの平らで面積のあるものの収納は難しい。何枚かのお盆 …

no image

統一感のある、まとまり感のある部屋を作るには

・まとまり感のある部屋を作るには センスのよい家具や小物が置かれている部屋なのに、なぜか落ち着かなかったり、雑然とした印象をうけることがある。それは、部屋全体にまとまりがないから。まず、コレクションし …

no image

紙袋を活用するアイデア

・紙袋はサイズと種類別に分類 ブランド物の買い物などをした時の紙袋は使える。こういった紙袋は、保存しておくと便利なので残しておこう。ブランド物などの捨てるにはもったいない袋や包装紙は、サイズや種類別に …