雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

商材はどうやって確保するか

投稿日:2015年5月9日 更新日:

・商材はどうやって確保するか

特定の仕入れルートだけにとらわれず、いろいろな商材確保の方法を知っておきましょう。販売する商品を仕入れるには、多くの方法があります。いろいろなルートで商品を仕入れよう。リアルショップも含めて、一般的な小売業者は卸業者(問屋)から商品を仕入れます。

ネットショップも同様に卸業者から商品を仕入れるのが基本といえるでしよう。ただ、卸業者には取引相手を法人のみ店舗を構えるリアルショップのみ売上実績が一定以上のショップのみなどと限定しているところも多く、敷居が高いのが現状です。

・顧客データの管理

どんな人が利用しているのか、どんな商品がよく売れているのかなどを分析することで、仕入れ商品やショップの販売戦略を練ることができます。商品を購入した顧客の情報を管理してマーケティングに役立てます。顧客にアンケートを実施して今後の利用率を高めるアドバイスを聞いてもいいでしょう。なお、顧客の個人情報を漏えいさせることのないように、取り扱いには十分注意しましよう。

・広告・宣伝業務

同じような商品を取り扱っているネットショップにバナーを掲載してもらえるよう依頼したり、自分のブログにショップ情報を掲載してもいいでしょう。ショップをより多くの人に知ってもらえるように、宣伝を行います。広告掲載は有料のものがほとんどですが、まずは無料でできる範囲の宣伝を行ってみましょう。

メールマガジンの発行

毎週1回や月にー度でも結構ですので、定期的なメールマガジンとして情報発信するようにしましょう。ショップを利用した顧客に対して新商品情報や次回の割引セールの案内などをメールで送ります。定期的にメールの文章を作成するのは手間ですが、簡単な内容でもいいので、ショップを忘れられないようにサポートしましょう。

・商品の仕入れ

季節やシーズンに合わせた新商品を仕入れたり、雑誌やテレビなどで話題になっている人気商品を仕入れたりして、取り扱い商品がマンネリ化しないように注意しましょう。商品の仕入れはオープン前だけ行えばよいわけではありません。新しい仕入れ先を並行して探すのもいいでしょう。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ネットビジネスの未払いには内容証明で対処する

・未払いを防ぐにはどうすればよいか 悪質な未払いは断固として許さないという姿勢で臨むか、その時間をショップ運営にまわして売上アップに努めるかは、店主の判断によるところです。未払いトラブルを防ぐためにも …

no image

ドロップシッピングの問題点-制限事項などが多くある

これから開業する方や商材の薄さをカバーしたいネットショップ運営者にとっては、便利この上ないと思われるドロップシッピングですが、問題点もあります。ドロップシッピングは、一般のネットショップ運営者にとって …

no image

パンくずリストなどを作成してみよう

~パンくずナビゲーション~ どこにいるのかわからなくなってしまったユーザーのストレスを軽減できるので、ユーザビリティの観点からもとても有効な手段です。コンテンツの上部に存在し、現在いる場所とその上にあ …

no image

更新作業に必要なスキルをもった人材がいない

~更新作業に必要なスキルをもった人材がいない~ 非常に便利なツールですが、CMSツールが安くなってきているとは言え、CMSツールを本格導入するには、購入費とカスタマイズ費だけで軽く数百万円以上のコスト …

no image

本当に売れるショップになるかどうかは作成後の運営にかかっている

せっかくリアルタイムに情報を提供できるツールを手にしたのだから、それを最大限に活かしてこそ本当の価値は生まれる。オンラインショップは自動販売機ではないので、出店しているだけで千客万来とはならない。いく …