雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

少子化対策として官製お見合い制度を導入することを提案

投稿日:

少子化の根本的な原因は、男女が出会って結婚にいたる場面の消失にあるのです。具体策を説明します。そこで非婚化、晩婚化を防ぎ、少子化を食い止める方法として、官製のお見合い制度の導入を提案します。現状では、お見合い結婚は激減しています。職場では仕事が優先され、職場結婚が減っています。仕事が優先されることで、仕事場以外での出逢いも限られています。出会うことがなければ、結婚することもないでしょう。結婚をしない人が増えています。結婚しなければ、子供はそうつくらないでしょう。

結婚しても時期が遅く、子供を産むのも高齢になります。次の子供をということにはなかなかならず、子供の数が減っているのです。どうして、非婚化、晩婚化しているのでしょうか。出会いの場が少なくなっているからです。老後の生活が保障されない状況とは、労働人口の減少で年金制度が破綻し、年金の受給が不可能になることをさします。次に、問題の原因を説明します。これらの深刻な問題をもたらす原因は、少子化にあります。女性が一生の間に産む子供の数、合計特殊出生率は、一・二五です。一人っ子の家庭が増え、人口が減っていきます。出生率が低い理由は、非婚化、晩婚化と晩出産化にあります。

官製お見合い制度を導入することを提案

少子化対策として、官製お見合い制度を導入することを提案します。現状の深刻な問題を理解いただき、この対策の有効性を説明します。まず、現状の問題点を述べます。現状の深刻な問題は、日本の社会が崩壊しかねない状況にあることです。社会の崩壊とは、経済的に行き詰まり、老後の生活が保障されない状況をさします。経済的な行き詰まりとは、労働人口の減少、消費人口の減少によるマイナス成長ということです。官製のお見合いをすることで、原因は取り除かれ、問題は解決します。少子化は止まり、将来の日本社会の崩壊は食い止められることになります。かつては、近所の人や会社の上司が見合い話を持ってきたりしたものですが、そのようなこともなくなりました。一方で、先ほどあげた結婚にいたる場面が消失しているのです。

公的にその場を設けることで、かつてのように見合い結婚を増やし、非婚化、晩婚化を防ぎ、少子化を食い止めます。お見合いの場を提供することで、男女の出会いの場が生まれます。それがないときよりも、はるかに結婚率は上がります。非婚化は避けらることになります。また、早めに出会うことで晩婚化は避けられ、晩出産も減ります。早めに子供をつくることで、第二子以降が誕生する機会も増えます。子供の数が増えるので、少子化は食い止められます。少子化が食い止められ、将来の労働人口が確保されれば、経済の失速がなくなり、老後の保障もされることになります。よって、日本社会が崩壊するような危機的状況を回避できるのです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

悪い口癖に注意する

ひとつ、注意したいのが、これ。「なんか、いいよね」の「なんか」は、口癖になりやすい。どうしても「なんか」としか言いようのない時以外は、もっとピッタリの表現がないかなと意識して探してみることです。なぜな …

no image

言葉遣いを「わたくし」という言い方に変えよう

女性はいついかなる時でも「わたくし」と言ってほしいのは、女性の言葉をより美しいものにしようとする気持ちにほかなりません。東京出身で、大学教育を受にている女性なら「わたくし」と言てにそうなものですが、あ …

no image

問題解決型のパターンの場合の話すポイント

問題解決型のパターンの場合は、話すポイントの数も増えます。そのすべてのポイントを振り返ってはいられません。メリットだけを繰り返します。ロードマップで示された全体像とまとめの全体像は一致しないのです。こ …

no image

非理性的信念の書き換え

非理性的な信念は、「ねばならない」という絶対的要求から、「に越したことはない」という願望に書き換えます。派生的な思考は、それを否定します。ここで、新しく書き換えられた理性的な信念でもって、最初のできご …

no image

あなたと会えることで死を怖くなくなりました

ある会社から頼まれ、ホテルで、全国から集った美容師のイベントの記念講演を依頼されたことがあります。そのときお話がありました。彼女の話は家庭の話題が中心で、娘さんのことなどおもしろおかしく話して、聴衆を …