雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

小児科のドクターが転職したいと思ったら知っておくべきサイト

投稿日:2016年8月21日 更新日:

小児科学会に登録しているドクターの数は20000人ほどだそうですが、その20000人のうち、女医さんの割合がかなり多く、全体の35パーセントから40パーセントもいるそうです。女医さんの人数を考えると、35パーセントという数字はかなり多いと思います。

女医さんは結婚を機に仕事をセーブする場合が多く、小児科学会が、女医さんが現場を離れてしまうのを恐れ、結婚をしても現場を離れないようにしてもらうため、色々とサポートをしているそうです。

そんな女医さんが多い小児科ですが、もしも転職を考えている場合には、求人数が圧倒的に多い転職支援サービスを利用するほうがいいと思います。

求人を探す場合、ネットで探したり、求人誌を見たりすると思いますが、それだとあまり多くの求人を見ることができません。転職支援サービスであれば、数百の求人を見ることができますので、条件の良い求人が見つかりやすいと思います。

転職支援サービスを利用するなら、求人数がかなり多い、エムスリーキャリア医師転職ドットコムなどの大手を利用したほうが確実だと思います。

小児科は大変だが

小児科は、大人の患者さんを治療するよりも苦労することが多いと言われています。子供を診る場合、手間や時間がかかることが多く、仕事は結構きつい場合が多いです。

しかも、仕事がきついわりに収入が少ないということがよくあります。収入がすべてではないのですが、やはり仕事がきついわりに収入が少ないということで、小児科医が減ってきているようです。

小児科医は医師不足が問題視されているようですが、求人はけっこう多いようです。医師が不足しているので、求人が増えるということですが、小児科医が増えるように、もう少し収入をあげられるようにしてほしいところです。

小児科医のニーズが高いのは、救急対応をしている総合病院などです。また、新生児医療をしている医療機関などでも、小児科医をよく募集していることがあります。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者は患者を触る指で相手を覚えるという

医者は患者を触る指で相手を覚えるという。顔を思い出せすともふたりの関係は指が知ってる。 ここは婦人科では首都圏でも有名なある総合病院。ここの院長Kは、とくに名医と評判である。彼は患者を奥さまと優しく呼 …

no image

医者が癌になったら-病気の医師が自分で自分を診たがる理由

医者の不養生とはよくいったもので、医者の多くは自分の体に無頓着である。医者は定期検診とか人間ドックなんて信用していない。そんなものに金を払う気にはなれないのである。だから、胃がムカムカしたらレントゲン …

no image

粘膜投与型の経鼻ワクチンの防御機構

米国で、低温に適応できる生ワクチンが開発され、2003年に国から承認されました。自然感染によってつくられる免疫のメリットを生かすワクチンとして、生ワクチンが開発されました。 生ワクチンは、自然感染のと …

no image

医者の診断できない範囲-ナワバリを知らされたある出来事

医者のナワバリを、魚の骨で知らされたある出来事がある。 1人息子の医大合格祝いの席で、鋼のホネがノドにひっかかった。人生最良の日に、0さんはとんでもないメにあってしまったのである。ご飯を呑み込んでみた …

no image

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をしたというある医師

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をした、というある医師。それでも、中2で勉強を始めた際には、灘のほかの連中は中学の教科書が終わっているのだから、追いつくのは苦しかった。しかし、よくよく考えると中学で進 …