雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

食品添加物に指定されるためには安全性を確かめる必要がある

投稿日:

食品添加物に指定されるためには安全性を確かめる必要があります。検査を研究機関や大学でおこない、出た結果を審査するために厚生労働省が、薬事・食品衛生審議会という会議を開いて、判断してもらいます。この審議会の委員には、毒性学、薬理学、催奇形性などの専門家が選ばれます。

普通は二種類の動物を使って、テストします。二〇匹ぐらいのマウスやハムスターなどを一つのグループにして、二年くらいの期間にわたって、テストする物質を食べさせます。そして、その物質を食べさせなかったグループと比較します。実験動物の血液を採ったり、食欲を調べたり、途中で死んでしまったものは解剖して、死因を調べます。

食品添加物には不純物が入っていないようにときめられ、使い方や使う量にもこまかい制限があり、法律が守られるように監視する食品衛生監視員がいます。動物試験の結果、使われた物質をどれくらいあたえた場合に害が出てくるかがわかります。

食品添加物とは

食品添加物とは、「食品の製造の過程において、または食品の加工もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するもの」と食品衛生法に定義されています。食品添加物には、石油などを原料とする合成添加物と、植物、海藻、細菌、鉱物などから抽出した天然添加物があります。

害のあらわれない最大量を最大無毒性量と呼びます。この量をもとにして、一日に、その量以下なら一生食べ続けてもさしつかえない量をきめます。これが一日摂取許容量(ADI)です。一日摂取許容量は、体重一キログラムあたり、何ミリグラムという単位であらわされます。ですから、マウスのような小さい動物でおこなった試験であっても、人間の許容量を算出することができるのです。

天然添加物は、長い間食品としてあつかわれ、添加物としての規制を受けてきませんでしたが、一九九五年に食品衛生法が改定されて、法の規制を受けるようになりました。合成添加物には、自然界に存在しない合成化学物質と、自然界に存在するものをまねて合成した化学物質があります。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

国の原子力政策の不十分さを監視するように

七〇年代から、四国電力伊方原発の差し止め訴訟など、地元住民から原子力発電を止めてほしいという住民訴訟や行政訴訟がたくさん起こされてきましたが、すべて住民の敗訴に終わっていました。なぜなら、国のエネルギ …

no image

地球温暖化に対するアメリカの反応

地球温暖化について、米産業界の代表と議論しますと、かなりの人が、「原因がCO2の排出にあるのかどうかまだ科学的に完全には解明されたわけではない。そんな不確実な情報をもとに、これまでの経済システムを変え …

no image

プランクトンの減少がもたらす漁獲量の減少

プランクトンの激減の原因は何でしょうか?海洋汚染と、オゾン層破壊による紫外線B、そして温暖化の影響です。プランクトン(微生物)が激減すると、小魚は生きていけません。それを食べる大型の魚も生きられず、海 …

no image

マルサスの予言と人類の生存

マルサスは、「資源が豊富なアメリカ植民地で、人口が二五年間ぐらいごとに二倍になる傾向を持つ」というべンジャミン・フランクリン(アメリカの政治家)の観察に触発されて人口論を書き上げたといわれています。 …

no image

生活の基本を自給自足にした場合の生活

地区運営は地区住民により行われ、地区をまたがる問題は地区代表の合意で行われます。話し合いがつかない場合は、上部機関の調停や住民の直接投票で決めます。行政は従来の中央集権から、地方分権を経て地方主権、へ …