雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

商品写真の効果的な使い方や豊かな視覚的情報

投稿日:2015年2月7日 更新日:

消費者は購入意思を決定する際に、実際の商品をなるべく近くで見たり、手に取りたいという心理が強く働きます。ウェブサイトも同様です。ユーザーが視覚的な情報を求めているのであれば、なるべく豊かな視覚的情報を与えられるように工夫を凝らすことが必要です。

一点の商品写真だけでは、ユーザーが手に取るように商品を確認することはできません。もし、あなたの商品がデザイン性に優れているのであれば、なるべく多くの角度のカットを掲載しましょう。また、実際の利用シーンをイメージカットとして掲載すれば、訴求力はさらに高まります。写真点数を複数用意したり、拡大写真を掲載することも重要です。

小さな商品写真を控え目に掲載しているウェブサイトをよく見かけますが、大きく表示してあげなくては、ユーザーを説得することはできません。多くのユーザーは、購入を決定する前に店員に頼み、ショーケースから商品を取り出してもらい実際に手に取ってみるはずです。ユーザーがショーケースに収められた商品を見ただけで購入するケースはまれです。

商品サービスの特徴を伝えるコピーワーク

キャッチコピーのように短い文章に情報をまとめることは難しい作業ですが、他社との違いを明確にし、ユーザーの抱えている問題を解決できることを端的に伝達できれば、ビジネスに結びつく可能性が高くなります。コピーの重要性を再度認識し、しっかりとメッセージをつくりましょう。商品詳細ページにある商品写真に並んで表示されているキャッチコピーは、ユーザーの商品イメージを決定づける大きな要素のひとつです。これらのキャッチコピーやそのあとに続くリード文に、この商品は他の競合商品とどのように違い、ユーザーのニーズをどのように充足させることができるかをしっかりと盛り込む必要があります。

マーケテイング用語にUSP(Unique Seling Proposition)という言葉があります。競合他社とは違う、自社の商品やサービスにおけるユニークな(固有な)特徴を表現することを意味します。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

コンバージョン数にばかりにとらわれていると見落とすことも

~複数の指標を持つことの重要性~ ウェブを通じた資料請求が少なくても、ウェブサイトの閲覧をきっかけにコールセンターへの問い合わせが行われているケースがあります。また、実施に問い合わせという行為を行わな …

no image

ポイントサービスはショッピングカートのオプションとして実装

ポイントサービスはショッピングカートのオプションとして実装できる場合もあります。利用するショッピングカートを選ぶ。ポイント額に応じた割引のほかに、「何ポイント以上貯まった方にプレゼントが当たる」といっ …

no image

アクセス数を増やすことができない悩みを持つ運営者達

インターネットショップを開いても、いまいちアクセス数が伸びないとか、売上が伸び悩んでいることはないだろうか。アクセス数が増えても注文が増えないのであれば、商品に魅力がないか、サービスが悪い、経営方針が …

no image

仕事の目標を立てれば明確なゴールが見えてくる

きちんとした目標がないのは、最終的なゴールがないまま、地図も持たずに旅立つのと同じことだ。また、インターネットショップの経営者は、小人数もしくは夫婦、あるいは1人というケースが多いはずである。つまり、 …

no image

ロボット型検索エンジンに登録しよう

ロボット型検索エンジンは、自動的に自らのネットショップへアクセスし巡回するように思われますが、ロボット型検索エンジンも検索サイトへの登録が必要です。登録をしなければ、アクセスされないしくみとなっている …