雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

商品写真掲載のコツ

投稿日:2015年5月27日 更新日:

商品写真をただ並べているだけでは、見る人を飽きさせてしまい、商品の魅力も伝わりません。ときには商品を大きくアップにしたり、商品のイメージに合った小物を添えて撮影することで、変化を付けることができます。また、ショップのテーマカラーに合わせて背景の色を決めるなど、よりデザインにマッチした写真を撮影することで、ショップ全体のイメージアップにもつながります。

顧客が惹かれるような商品写真を撮影するには、撮影している本人が商品の魅力を感じなければなりません。撮影しながら商品の魅力を探し出せるように、まずは商品に関心を持つようにすることが大切です。たくさんの商品を扱うネットショップでは、撮影も面倒な作業の1つになるかもしれません。しかし、魅力的な商品写真を撮るには、撮影を楽しんで行うことが大切です。

デジカメではその場で写真を確認でき、もし問題があればすぐに撮り直すことができます。失敗を恐れずにどんどん撮影して「あ、これ素敵!」と思えるような写真が1枚でも撮れていれば成功です。商品撮影は自分の考えで好きなように被写体の構図を選ぶことができます。おもしろいアングルを探したり、商品をより魅力的に見せる演出法を考えたりしているうちに、撮影を楽しめるようになるでしょう。

商品を実際に使っている場面を見せる

写真で紹介した方がわかりやすい場合があります。その商品を実際に使っている場面を見せることで、用途や使用方法を明確に伝えることができます。提供素材を用いずに自分なりのアイディアや視点で撮影した商品写真を掲載すれば、顧客へのアピール度を高めることができます。

商品を撮影するには、デジタルカメラをはじめ、さまざまな撮影機材を揃える必要があります。一眼レフタイプとコンパクトタイプの2種類がありますが、どちらを選択してもネツトショップの商品写真撮影用なら問題ありません。

画素数や解像度などのスペックが購入する基準となりますが、最近発売されているものならどれでも問題なくWebサイト用写真は撮影できます。撮影時の手ぶれを防ぐ手ぶれ防止機能搭載モデルがおすすめです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

ホームページ作成

商品写真の見せ方-売上を大きく左右するのでかなり重要

投稿日:

・商品写真の見せ方次第で売上は大きく左右される

超高額品の宝石などは別ですが、決してプロのカメラマンに頼む必要はありません。デジカメと簡単な照明器具があれば、自分達でも十分きれいな写真は撮れます。特に食品などを販売する場合、例えば漬物を商品パッケージだけ撮影して掲載しても誰も買ってくれません。きれいに盛り付けた写真や、家族で食卓を囲んで食べている写真などがあることで、一度買ってみようとイメージが湧いてくるのです。

屋外で撮れる商品であれば、晴れた日の日中が撮影に適しています。大切なポイントは、商品を使ったときのイメージがわかるような写真を掲載することです。商品写真は想像以上に売り上げを左右します。意外と注意を払っていないお店が多いのですが、ダィレクトに注文の増減に関わってきますので、商品の良さが伝わるように撮影することを心がけてください。

製造業の場合は、製造している現場の写真などもお客様にとっては非常に魅力的にうつる場合が多いようです。リアルな情報を求めているのがインターネットの社会でもあります。

お客様に見せたいページには共感を得るストーリーを作る

お客様は商品だけを購入するわけではありません。重要となってくるのが自社ショップに共感してもらえるかどうかです。共感を感じてもらうためには、店主のこだわり、店主の日記オープンまでの苦労話、他には負けないポイント、利用された他のお客様の声などのページをぜひ作りましょう。これらを作る際のポイントは、ストーリー性です。創業からの歴史や店主のプロフィール、今後めざしていることなどを、読み手に共感を与えられるよう、飾らずに書くことです。

顔の見えないネットショップだからこそ言えることですが、お客様は、初めて来店したネットショップで自分好みのお店かこだわりが感じられるか対応は安心できるものかなどパソコン画面を通じて敏感に感じながら、継続して見る価値のあるサイト価値の無いサイトを判断しているのです。

そうした積み重ねが共感を呼び意外と面白そうなサイトだな他とはちょっと違うなと変化していくのです。商品だけではなく、お店に共感してくれたお客様は、常連客になる確率がグンとアップするということを覚えておきましょう。

-ホームページ作成

執筆者:

関連記事

no image

スタイルシートファイルを利用する

スタイルシートでは、文字サイズを「ポイント」「ピクセル」といった単位で指定できます。スタイルシートで指定した文字サイズは、ブラウザ側では変更できないので、ページのレイアウトが崩れるようなことはありませ …

no image

サイトの確認-ブラウザチェックなどを行おう

・制作物確認のポイント 入力フォームや条件によって表示内容が変わるページの動作チェックは、なるベく多くの人を巻きこんで、一般の利用者になりきって操作(チェック)してもらうことが必要です。一般の利用者に …

no image

プライバシーマークやTRUSTeについて知っておこう

・プライバシーマークやTRUSTe プライバシーマークは、個人情報保護に関する事業者認定制度という意味を持っており、日本情報処理開発協会が申請業者を認定する仕組みになっています。1998年より日本情報 …

no image

フレームワークとライブラリ

・フレームワークとライブラリ フレームワークを使えば、雛形を用いる分、プログラムを書く量が少なくなります。開発が速くなるだけでなく、バグやセキュリティ上の問題に悩まされることも少なくなるでしょう。最近 …

no image

レンタル日記サービスに登録する

・レンタル日記サービスに登録する 「レンタル日記」で検索すると、レンタル日記サービス業者のサイトがたくさん検索されます。レンタル日記のサービス内容は、サービス業者によって若干異なります。サービス業者の …