雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

自社の取り扱い商品を紹介する卸売業者

投稿日:2015年5月10日 更新日:

最近ではWebサイト上で会員を募集したり、自社の取り扱い商品を紹介する卸業者があります。こういった卸業者では、個人事業者やネットショップに対しても取引を積極的に行うようになっています。通常の卸業者と同様に、最低限の審査は必要となりますが、月会費が無料の卸業者もあります。商品ラインナップを充実させたい場合、こうした卸業者と契約しておいてもいいでしょう。卸業者に何度も通い、信頼関係を築くことができれば、商品の仕入れが可能になる場合もあります。

まずは自分のネットショップのコンセプトや、どんな顧客層をターゲットにしているのか、どんな商品を販売したいのかを書面で提出して審査してもらいましょう。個人で運営される実店舗のないネットショップでは、卸業者から商品を仕入れるのは難しいケースが多くなりますが、中にはネットショップに対しても契約してくれる卸業者もあるので、どうしてもその卸業者で取り扱っている商品を仕入れたい場合は交渉してみるといいでしょう。

海外の商品を取り扱うには

海外でしか販売されていない商品の場合、ほかのお店では購入することができないため、希少価値が高まるでしょう。海外で販売されている商品を輸入したり、実際に現地に行って商品を買い付けてくることも可能です。

海外での商品買い付けは業務輸入にあたり、数量に制限が設けられていることがあるので注意が必要です。商品ごとにさまざまな手続きが必要になるので、JETRO(日本貿易振興機構)のWebサイトなどで詳細を調べておきましょう。

見本市に行ってみよう

見本市は卸業者と小売業者の交渉の場です。実際に商品を見ることができ、その場で取引を行うこともできるので、効率よく商品を探すことができます。思うように商材選びが進まない人は、卸業者が集まる見本市をチェックしてみましよう。

とりあえず名刺交換だけしておき、後で仕入れを依頼することももちろん可能です。多くの商品が集まる大規模なものからい特定のジャンルの商品だけを対象にしたものまで、さまざまな見本市が開催されています。目的の商品が見つかりそうな見本市を探して出かけてみましよう。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

色数を抑えることのメリット-興味をもってもらうために

~色数を抑えることのメリット~ 無秩序に多くの色が並んでいれば、自分はどこから情報を探すべきか判別することができず、ストレスを与えることにつながります。様々なデザインの広告バナーが無秩序に並んでいるウ …

no image

特定商取引法の表示と個人情報保護に関する記載内容について

~特定商取引法に事づく表示と個人情報保護に関する記載内容について~ 特定商取引法に事づく表示と個人情報保護に関する記載内容については、ネットショップを運営されている方であれば、知っておいたほうがいいで …

no image

メディアアプローチの実態-広告慣れが進んできている状況

・広告媒体の実態と最適なアプローチ 広告業界のなかで大きく問題視されているのは、ユーザーのなかで広告慣れが進んできている状況があることです。自身に置き換えて考えてみてください。最近の生活のなかでバナー …

no image

メールアドレスの決め方はビジネスに使えるものにすること

・メールアドレスひとつが命取り 初めてメールアドレスを取得するときは、これで仲間とメール交換が楽しめるようになるゾ、とワクワクするものです。そこで頭に浮かぶメールアドレスは仲間内に通じるニックネームが …

no image

ネット通信販売の特徴を活用していく

いままでのカタログ通販のスタイルは、顧客とコミュニケーションを図ることよりも、いかにして商品を集めて、よりよいものを安く提供し、大量に販売していくかがポイントだった。そのかわりにメンタルな面でのサービ …