雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

障害者の子供にアウトドアは自信と独立心を与えてくれる

投稿日:

あるハンディのある子供を持つ家族の話。自信と独立心をアウトドアは与えてくれる。アウトドアのおかげで、カートの人生体験はカラフルになった。メキシコ湾では野生のイルカを間近に見、へラジカやビーバーを森で見かけたこともある。障害者だからと過保護にされていては、自信の育ちようがない。これはすべての子どもにとって大事なこと、でもハンディのある子達にはとりわけ重要だ。カートは根気よくつきあっていかなければいけない病気を持った、とてもノーマルな男の子。両親はそう思っている。

子どものグループを引率するハイキングを長くやっていると、子どものグループを山へ引率することもあるかもしれない。やろうと思えば何だってトライできるという信念、それは両親からもらったすばらしい贈り物だ。子どもの引率はなかなか大変。髪をかきむしりたくなるようなこともある。けれど、彼らにとっては貴重な体験なのだから、苦労のしがいもあるというもの。

グループによって参加者のタイプもさまざま

自分の子どもが関係している組織や友達であることが多いが、グループによって参加者のタイプもさまざまで、当然山行内容もその都度変わってくる。距離が長すぎると、ただその日程をこなすためにひたすら歩くばかりになり、自然を楽しむ余裕がなくなる。短かすぎると、今度は退屈してだらけてしまう。子どもグループの山行は、距離を決めるのが難しい。体力も経験も、個人差が激しいのだ。子ども達が自然への愛に目覚めるのを見る喜びは、何ものにも代えがたい。

子ども達は皆が皆天使なわけではないし、引率者が誠実な人間なのか、いい加減な奴なのか、きちんと理解しているとは限らない。標高差が大きくなく、歩きやすいトレイルを選ばう。日照時間の長い夏が最適だ。彼らの親とあなたが同じ年齢でも、親と同じカテゴリーには入れていない。楽しいことをやっているんだから、引率者への気持ちは概ね好意的で、信頼してもいる。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ノウサギ観察-せっかく見つけたが走り去ってしまった

せっかく見つけたノウサギが走り去ってしまったからといって、慌てることは狙ない。そこからは体力勝負である。ゆっくりと着実に出来たてホヤホヤの足跡を追っていけば、ときどき彼らの姿を見つけることができる。 …

no image

山岳救助要請をするかは天候やパーティーの状況で判断

遭難者を探しに行く場合、荷物が重い場合はその場に置いて必要最低限のものを持ち探しに行きます。人数がいれば現在地を中心としてもと来た道を探します。印をつけながら探します。天気がよい時は木に登ったり見晴ら …

no image

ファーストエイドキットの中身を充実させよう

アウトドア・ガイドブックで、キットの基本装備を検討し、子ども用のものを加えていく。子どもに合わせたファーストエイドキットを充実させよう。バンドエイドは最重要アイテムだ。バンドエイドは平和の使者なのだ。 …

no image

登山は筋力トレーニングが必要

登山中に腕力が必要なときもたまにはある。たとえば、岩壁の鎖場である。ちょっとした低山でも、急斜面には鎖場が設置されているところがある。あまり鎖に頼るとかえって危険な場合も少なくない。だが、ともかく両腕 …

no image

日本山岳協会の一般共済と特別共済など

・日本山岳協会の一般共済と特別共済 山岳保険に相当するものとして一般共済と特別共済があり、後者は中高年ハイカーや高校山岳部向けに作られ、日山協に加盟していてもいなくても、また個人でも加入することができ …