雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

障害のある子どもとのアウトドアでの接し方

投稿日:

ある主婦の話。ハンディのある子どもとアウトドアに出かける家族。彼らとのインタビューは私にとって目ウロコ体験だった。キャンプひとつをとっても、目的地を決める前に知っておくべきことがある。車椅子でも大丈夫か?キャンプエリアは地面が平らか?釣りやボート遊びへのアクセスは?事前にキャンプ地に問い合わせて情報を収集しよう。大変だとかキツイなどと、ときには自己隣欄にも浸っていた自分が恥ずかしい。

彼らの話を聞いた後では、五体満足な子どもを持つ私達に言い訳の余地はない。愛情と忍耐力と信念の量に圧倒され、すっかり敬度な気持ちになってしまった。プランには余裕とある程度の独立性を持たせて、1人や2人が変更を決めてもほかのメンバーに大きな影響がないようにしたい。他人の同行は、家族だけで行くよりも刺激的だ。とはいってもバカンスや長期旅行は、家族の絆を深める大切なイべントだから、できれば他人には遠慮してもらおう。

グループの人数が多ければ多いほど

悪天候や痛みに対する忍耐力は人それぞれで、グループの人数が多ければ多いほどややこしくなり、プランの変更を余儀なくされる。他人が同行するとき旅の途中で何が起こるかを予測するのは難しい。空模様が変わるかもしれないし、トレイルの状況や体調も現場で初めてわかる。親であるあなたが自分の友人を誘うのにも問題がないわけではない。私達家族のハイキングが、ある友人の参加でもっと楽しくなったこともある。

テントに適当な距離をおいて、食事や必要時には訪ねる頃合を知り、ハイキングプランの骨格を私達家族のニーズに合わせてくれた。彼は、シエラとプライスを目に入れても痛くないほどかわいがりながら、それでも親子の間に割り込まないよう、細心の注意を払っていた。話が大人の話題で弾んでしまうと、親と子どもの間め説明して理解を得、そのうえで参加の意思を聞いてみる。最近は子ども達もお稽古ごとなどで忙しく、家族だけでゆったりのんびりのチャンスが少なくなっている。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山ではビバークする心構えと装備が必要

登山ではビバークする心構えと装備が必要。 最低限、「サバイバル・シート」と水、それにライターか火打石があれば、寒冷な季節以外は、二泊くらいビバークしても死ぬことはない。ここでいうサバイバル・シートとは …

no image

ガレ場、ザレ場、木の階段などを登山で歩く際の注意点

ここでは、登山の時に遭遇する木の階段やガレ場などの特徴を紹介していきます。 ・木の階段 歩きにくいからといって脇を歩くのは注意した方がよさそうです。現実には脇を歩いた跡がたくさんありますが、この木の段 …

no image

国土地理院の1/25000地図に書き込みをする

国土地理院の1/25000地図に書き込みをする。 俳句や短歌、詩、スケッチ、絵手紙などを趣味とする人も、ベースは書き込みのある二・五万図だ。現地では天候が良くないときもある。歩くことに必死なときもある …

no image

サイクリング自転車の選び方-どんなふうに遊びたいのか

子どもの乗ったトレーラーを引いて、なだらかな道を進むサイクリングは、たしかに趣味の点でハイキングにかなわない。氷河や高山植物のあるトレイルを行くわけではないからだ。ちびっ子抜きで本格的なクロスカントリ …

no image

六甲山の摩耶山の夜景

六甲山の北麓には名高い有馬温泉がある。「畿内最古」といわれ、豊臣秀吉が入湯したことでも知られる。樹齢二百年を超すといわれるスギの巨木の周辺の森を構成するのは、シイやアカガシといった常緑広葉樹の大味であ …